イディオム:apple of one’s eyeの意味と使い方

apple of one's eyeのパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

「apple of my eyes」と聞いてしまうと、「私の目のりんご」って想像してしまいますよね。特に、恋人といい感じのときに「apple of my eyes」と使われたら「え???」、大切な人から「apple of my eyes」と言われたら「なに???」と頭の中がフル回転です。

そこで、ここでは英語のフレーズを使って、英語のイディオム「apple of one’s eye」の意味と使い方を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

今日のフレーズ

英語のイディオム「apple of one’s eye」を使った今日のフレーズは「You are the apple of my eye.」、「君はかけがえのない存在だよ。」です。

このフレーズ、「すごく大切な人」にしか使いません。あなたの一番大切な人にぜひ使ってみてください。

apple of one’s eyeの意味

「apple of one’s eye」は「●にとって何より大切なもの」、「●にとって誰より大切な人」「●にとってかけがえのない存在」「●にとって愛しいもの」という意味です。

日本語のことわざの「目に入れても痛くない」と似た表現です。

apple of one's eyeのフレーズ

apple of one’s eyeの語源

この「apple of one’s eye」、実はかなり昔から英語では使われている表現らしく、聖書にもでてくるようです。

「apple of one’s eye」は「pupil of one’s eye(目の瞳孔)」からきたイディオムで、「瞳孔の形がりんごと似ている」+「瞳孔は見るために大事なもの」ということから、「apple of one’s eye」が「大事なもの」や「大切なもの」を指すようになったと言われています。

apple of one’s eyeの使い方

「apple of one’s eye」は「何よりも/誰よりも」●にとって「大事なもの」や「大切なもの」に対して使います。

そのため、「the apple of one’s eye」の形となります。

「one’s」の部分には「誰にとって」なのかを入れましょう。

apple of one's eyeの使い方

では、フレーズを使って詳しくみてみましょう。

今日のフレーズ「You are the apple of my eye.(君はかけがえのない存在だよ。)」は「あなた」が「私にとって」、「誰よりも大事な人」と伝えるフレーズです。

His only daughter is the apple of his eyes. (彼は一人娘が愛おしくて仕方がない。)

彼には「5人子供がいて、1人だけが女の子」といった場合にも使えます。「彼にとって子供はみんな可愛いし、かけがえのない存在だけど、その中でも娘はやっぱり特別」といった意味でも使えます。

My dog is the apple of my eye. (犬は私にとってかけがえのない存在。)

これは飼っている犬を溺愛しているといった感じの表現です。

Because she is the apple of my boss’s eye. (彼女はボスのおきに入りだからね。)

これは会社の一コマで使えます。どのような場面か詳しくみてみましょう。

A: Why does she get the best assignments all the time? (なんで彼女はいつもいい課題ばかりもらえるんだ?)

B: Because she is the apple of my boss’s eye. (彼女はボスのおきに入りだからね。)

皮肉たっぷりな表現です。これを聞いたら、「え?ボスと彼女って特別な関係なの?」って思ってしまう人もいると思います。使い方、言い方に注意しましょう。;)

まとめ

「apple of one’s eye」は「何よりも/誰よりも」●にとって「大事なもの」や「大切なもの」です。

使う場面や言い方などによって、日本語で訳すと色々違って見えますが、根本は「何よりも/誰よりも」●にとって「大事なもの」や「大切なもの」

唯一無二の存在ということで「the」をつけて「the apple of one’s eye」にする。

しっかりこれらのポイントを押さえて、使ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました