英語の文法

中1英語

一般動詞とはなんだ?

一般動詞とは「be動詞」以外の動詞のことで、主に動作や状態をあらわす語。「go:行く」「watch:見る」「read:読む」「write:書く」「live:住む」など色々な動詞がありますよ。今回は、そんな一般動詞について詳しくみていきたいと思います。
中1英語

Be動詞と一般動詞の違い

Be動詞と一般動詞と聞くと、なんだか難しい話が始まりそうな気がしてしまいますよね。そこで今回は、「Be動詞」と「一般動詞」の違いはもちろん、覚える方法や見分け方を詳しく解説していきますね。
中1英語

Be動詞の意味と使い方

Be動詞とは日本語で言うところの「です」に当てはまります。Be動詞には次の「am」・「are」・「is」・「was」・「were」と5つありますよ。ここでは、Be動詞がどのように使われているのか次の例文を使って詳しくみていきます。。
中2英語

未来を表すwillとbe going toの違いと使い方について

日本語では「未来」について話すときも特に「未来形」という決まりはなく話をすることができます。だからこそ、少し厄介なのです。しかし、しっかりと「will」と「be going to」の意味と使い方をマスターしてしまえばそんなに厄介なものでもないのです。
タイトルとURLをコピーしました