eye

イディオム集

顔の一部「eye/目」を使った英語のイディオム14選

ここでは「eye/目」を使った英語のイディオムに注目です。顔の一部「eye/目」を使ったイディオムは、他の顔のパーツよりも断然多いです。その中でも日常的に使われる機会が多い「eye/目」を使ったイディオムを14つご紹介していきます。
今日のフレーズ

「have one’s eye on」を使った英語の表現

体の一部「eye」を使った英語の表現は本当にたくさんあります。その中でも「have one's eye」という表現は色々な場面で使われています。「have one's eye for」は「have one's eye on」と何が違うのでしょう。
今日のフレーズ

英語のイディオム:bird’s-eye viewの意味と使い方

「bird's-eye view」を直訳すると「bird's-eye 」「鳥の目」、「view」「景色」で「鳥の目の景色」となります。「鳥の目の景色」ってどんな景色なの?ってなっちゃいますね。「bird's-eye view」とは景色ののでしょう。
今日のフレーズ

英語のイディオム:have an eye forの意味と使い方

よく使われる英語のイディオム「have an eye for ~」とはどのような意味で、どのように使われているのでしょう。「have an eye for ~」は直訳すると「〜の目を持っている」です。どのような状況で使われるのでしょうか。
今日のフレーズ

keep one’s eyes peeledの意味と使い方

英語のイディオム「keep one's eyes peeled (for)」の意味とは、またその使い方とはどんなものなのでしょうか?ここでは英語のフレーズを使って、keep one's eyes peeled (for)の特徴を詳しくみていきます。
今日のフレーズ

a twinkle in one’s eyeの意味と使い方

「a twinkle in one's eye」は人の表情をあらわすイディオムとしても使われます。それぞれの単語に分けて意味を見てみましょう。「a twinkle」は「きらめく、きらりとした輝き」、「in」は「〜の中に」、「one's eye」は「●の目」となり、全部を繋げてみると「●の目にきらりとした輝き」となります。
今日のフレーズ

a sight for sore eyeの意味と使い方

英語のイディオム「a sight for sore eyes」って聞いたことあります? それぞれの意味を見てみると「a sight」は「目に入るもの、景色」、「for」は「〜のための」、「sore」は「痛い、ひりひりする」、「eye」は「目」です。
今日のフレーズ

英語のイディオム:turn a blind eye (to)の意味と使い方

英語のイディオム「turn a blind eye (to)」とはどのような意味で、どのような使い方をするのでしょうか?「turn a blind eye (to)」を分けて意味を見てみると「turn」は「回転させる、〜の方向を変える」、「blind」は「目の不自由な、目の見えない」、「eye」は「目」、「to」は「〜へ」となります。
今日のフレーズ

out of the corner of one’s eyeの意味と使い方

out of the corner of one's eye」をバラバラにしてみると「out of」は「~から、外へ」、「the corner of」は「〜の角、〜の端」、「one's eye」は「●の目」なので、直訳すると「●の目の端から」となります。
今日のフレーズ

英語のイディオム:catch one’s eyeの意味と使い方

「catch one's eye」は日常の会話でも良く耳にする英語のイディオムです。ドラマや映画でもよく使われている表現なので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。この「catch one's eye」を直訳すると「catch」は捕まえる、「one's eye」は誰かの目、となり「誰かの目を捕まえる」となりますね。
タイトルとURLをコピーしました