get the cold shoulderのパンダの絵

英語のイディオム: the cold shoulderの意味と使い方

ここでは、英語のイディオム: the cold shoulderの意味と使い方を詳しく紹介しています。この「the cold shoulder」は日常の英会話でもよく使われているイディオムです。

映画やドラマでも使用頻度高めとなっていますので、しっかり覚えていきましょう。

目次

今日のフレーズ

「the cold shoulder」を使った今日のフレーズは「I’m getting the cold shoulder…」、「冷たい態度であしらわれているんだよね…」です。

このフレーズを使って、まずは「the cold shoulder」の意味を紹介していきます。

get the cold shoulderのフレーズ

the cold shoulderの意味

「the cold shoulder」と聞くと「冷たい肩、キンキンに冷えた肩」をイメージしてしまいますよね。しかし、英語のイディオム「the cold shoulder」の意味は「冷たい態度、よそよそしい態度、冷遇、無視」です。

今日のフレーズ「I’m getting the cold shoulder…」だと、「冷たい態度とられているんだけど。。。」となり、職場や学校などで周りの人に冷遇されている状況を表せます。

いじわるな人を頭の中に思い描いてください。「背中を向け、肩越しに冷たい目線を送っている人」が頭に浮かびませんでした?

まさにそのような視線を送られている状況を、あらわすイディオムなんです。

get the cold shoulderの使い方

the cold shoulderの使い方

「the cold shoulder」は「get」と共に使う場合と、「give」と共に使う場合があります。

「get」は「得る」という意味で、「get the cold shoulder」となると「冷遇を受けている、冷たい態度をとられている、無視されている」という意味になります。

反対に「give」には「与える」という意味で、「give the cold shoulder」となると「冷たい態度をとる、無視をする、よそよそしい態度をとる」という意味になります。

誰かが「the cold shoulder」を受け取っている場合は「get」、「the cold shoulder」を与えている場合は「give」で使います。

今日のフレーズの「I’m getting the cold shoulder…」は現在冷たい態度を取られているという状況なので、日本語での会話っぽく訳すと「冷たい態度であしらわれているんだよね…」となるわけです。

少し詳しく会話形式で、「cold shoulder」の使い方を見てみましょう。

Andy
Andy

I’m getting the cold shoulder from Christina…(クリスティーナから冷たい態度とられてるんだけど)

Bob
Bob

She is still upset with you.(まだ怒ってるんだよ)

恋人とけんかした時に冷たい態度とられたり、無視されたりしている時にもこの様に使えます。

そのほかにも、何かしらの理由で相手を怒らせてしまったときなどに、いつもとは違う冷たい態度をとられたときに「the cold shoulder」を使います。

the cold shoulderの語源

「the cold shoulder」のイディオムの起源は1800年代と言われています。当時、歓迎する客をもてなす際には暖かい食事を出していたのに対し、快く思わない客がやってきた際には「(何かしらの動物の)冷たい肩の肉を出していたというのです。これが今では「the cold shoulder」=「冷たい態度」となったのですね。

まとめ

「the cold shoulder」はよく英語のドラマや映画でも頻繁に出てきますし、日常で会話をしていてもよく使われるイディオムです。

しっかり意味と使い方覚えておきましょう。

ここで紹介したフレーズを使って、覚えるまで何度も声に出して練習してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください