英語のイディオム:see eye to eyeの意味と使い方

see eye to eyeのパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

ここでは英語のフレーズを使って、英語のイディオム「see eye to eye」の意味と使い方をご紹介していきます。

「see eye to eye」は日常会話ではもちろん、ビジネスシーンなどでもよく使われているイディオムです。ここで意味と使い方をしっかり身に付けていきましょう。

スポンサーリンク

今日のフレーズ

英語のイディオム「see eye to eye」を使った今日のフレーズは「We don’t see eye to eye.」、「(私たちは)意見が合わない。」です。

「see eye to eye」の意味を詳しくみてみましょう。

see eye to eyeの意味

「see eye to eye」は「意見があう」、「見解が一致する」、「話があう」などの意味です。

see eye to eyeのフレーズ

「see eye to eye」を直訳してみると、「(お互いの)目と目があう、目と目をみる」となります。「お互いの目と目が合う」→「お互いが同じレベルにいる、同じポイントにいる」ということから、「意見があう」「見解が一致する」「話があう」といった意味で使われるようになったようです。

2人以上の人が、何かの物事に対して「同じ意見・気持ちである、同じ考えである、同じ方向を見ている」といった状況を表します。

see eye to eyeの使い方

see eye to eyeの使い方

「see eye to eye」は今日のフレーズ「We don’t see eye to eye. (意見があわない)」のように否定形で使われることも多いです。

「see eye to eye on ~ 」で使う

A and I don’t see eye to eye on this matter. (Aとはこの問題において見解が一致しない。)

We see eye to eye on so many things. (よく話があう。)

「see eye to eye on ~」「~に関して、〜において意見があう、話があう」と使います。「〜」の部分には「物事」が入ります。

「see eye to eye with ~」で使う

I don’t see eye to eye with my husband about hot to spend money. (夫とお金の使い方について意見があわない)

I see eye to eye with him on many things. (彼とは結構意見があう)

「see eye to eye with ~」は「〜」の部分に「誰」がはいります。「〜と意見があう、話があう」と使うことができます。

「〜と●●において意見があう」と表現したいときは「see eye to eye with 〜 on ●●」と使うことができます。「on」の部分は「about」でも使います。

まとめ

「see eyes to eye」は2人以上の人が同意するときに使い、「見解が一致する」、「意見があう」、「話があう」と言いたいときに使える表現です。

ここで紹介したフレーズの日本語訳をみると、場面によってニュアンスが多少異なっているようにも見えますが、カジュアルに言ったか、すこし堅めに言ったかの違いだけです。

このイディオムを使うときのポイントは「2人以上の人が同意する」、「2人以上の人が同感である」かどうかです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました