英語のイディオム:goose upの意味と使い方

goose upのパンダの絵今日のフレーズ

「goose up」という英語のイディオムはいったいどのような意味で使われているのでしょう。英語のイディオム「goose up」を直訳すると「ガチョウを上に」となってしまいますが、これではどのように使われているのか全く想像がつかないですよね。そこで今回は、英語のイディオム「goose up」意味と使い方を詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

goose upの意味と使い方

英語のいぢホム「goose up」は「よりよくする」「増強する」という意味です。何かの物のパフォーマンスを今ある状態よりも良くする、強く補強する、改善するといったニュアンスで日常会話で使われている口語表現の一つです。もっと魅力的にするといった意味合いでも使われています。

goose upの意味と使い方

goose upの使い方

ここでは英語のイディオム「goose up」の使い方を詳しくみていきましょう。

Something is missing. What do you think? (何か足りないな。どう思う?)

I think you can goose this up with some soy sauce. (醤油でもっと美味しくなると思よ。)


You goosed up the engine!(エンジン補強したな!)

Can you tell? (わかる?)

今日のフレーズ

goose upのフレーズ

英語のイディオム「goose up」を使った今日のフレーズは「What should we add to goose up this recipe?」「このレシピをもっと美味しくするのに何を加えるべきかな?」です。「goose up」を料理の味やレシピの話しをしている時に使う場合は「より美味しくする」といった意味で使えるんですね。

まとめ

ここまで英語のイディオム「goose up」の意味と使い方を詳しくみてきました。英語のイディオム「goose up」は「よりよくする」という意味です。色々な「何かの物をよりよくする」という場面を想像して、フレーズを作って練習してみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました