英語のイディオム:doggy bagの意味と使い方

doggy bagのパンダの絵今日のフレーズ

「doggy bag」という英語のイディオム、レストランなどで使われるイディオムなのですが、いったいどのような意味で使われているのでしょう。直訳すると「doggy(わんちゃん)」+「bag(袋)」で「わんちゃんの袋」となってしまいます。この直訳ではレストランと結びつきませんよね。そこで今回は英語のイディオム「doggy bag」の意味と使い方を詳しくみていきます。

スポンサーリンク

doggy bagの意味

英語のイディオム「doggy bag」は「お持ち帰り用の袋」や「お持ち帰りようの容器」という意味です。レストランなどで食べきれなかったものを詰めて持ち帰るための「袋」や「容器」のことです。

「食べきれなかったものを犬に持って帰る」といったことから「doggy bag」と使われるようになったようです。

今では「doggy bag」の代わりに「box」や「bag」、「to-go box」と言うことが多いようですが、「doggy bag」も全く使われていないわけではないので、覚えておきましょう。

doggy bagの使い方

doggy bagの使い方

ここでは「doggy bag」の使い方を詳しくみていきましょう。

I’m getting full. I don’t think I can finish this. (お腹がいっぱいになってきた。これ、食べきれない気がする。)

Ask for a doggy bag. You can eat it tomorrow. (持ち帰り用の容器もらいなよ。明日食べれるじゃん。)


Excuse me? Can I have a doggy bag? (すみません、お持ち帰り用の袋もらえますか?)

Sure. (はい。)

今日のフレーズ

doggy bagのフレーズ

英語のイディオム「doggy bag」を使った今日のフレーズは「Would you like to take the rest home in a doggy bag?」「残りをお持ち帰りにしましょうか?」です。レストランなどで、お客さんのお皿にたくさん食べ物が残っている、そんな時にスタッフの人がお客さんに対して使うフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「doggy bag」の意味と使い方を詳しくみてきました。アメリカにいる頃は、レストランの食事の量が多いために食べきれず「doggy bag」をよく使っていました。現在は「box」や「to-go box」もよく使われています。両方とも覚えておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました