英語のイディオム: pour water on a duck’s backの意味と使い方

pour water on a duck's backのパンダの絵今日のフレーズ

「pour water on a duck’s back」という英語のイディオムは口語表現の一つです。英語のイディオム「pour water on a duck’s back」を直訳すると「カモの後ろに水をそそぐこと」となりますよね。これはいったいどのような意味で使われているのでしょう。今回は英語のイディオム「pour water on a duck’s back」の意味と使い方を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

pour water on a duck’s backの意味

英語のイディオム「pour water on a duck’s back」は「何か無駄なことをする/何か無駄なことをしようとする」「何か価値がないことをする/何か価値がないことをしようとする」といった意味です。何かをしたとしても結果は何も変わらない、何か言ったとしても相手は聞く耳を持たないといったニュアンスで使うことが多いです。

pour water on a duck’s backの使い方

pour water on a duck's backの使い方

ここでは英語のイディオム「pour water on a duck’s back」の使い方をくわしくみていきましょう。

Do you think we can fix this? (これなおせると思う?)

We can try, but I think that’s like pouring water on a duck’s back. (やってもいいけど、無理だと思うよ。)


I know you want to lecture him. But It would be like pouring water on a duck’s back. (彼に説教したいのはわかるけど、おそらく言っても一緒だよ。)

Yeah, I know. (うん分かってる。)

今日のフレーズ

pour water on a duck's backのフレーズ

英語のイディオム「pour water on a duck’s back」を使った今日のフレーズは「It’s like pouring water on a duck’s back.」「やっても無駄さ。」です。「聞く耳を持たない相手に話をしても無駄」、「変わらないものを変えようとしても無駄」といった場合に使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「pour on a duck’s back」の意味と使いかたをくわしく見てきました。「It would be like pouring water on a duck’s back.」や「It’s like pouring water on a duck’s back.」の形で使われることが多いので、しっかりこの形を覚えておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました