英語のイディオム:goose bumpsの意味と使い方

goose bumpsのパンダの絵今日のフレーズ

「goose bumps」という英語のイディオムを直訳すると「ガチョウのこぶ」となりますが、これはいったいどのような意味で使われているのでしょう。「こぶ」と聞くと何かにぶつかってできてしまう「たんこぶ」のようなものが頭に浮かんできてしまいます。ところが英語のイディオム「goose bumps」は「たんこぶ」とは違った意味合いです。そこで今回は、英語のイディオム「goose bumps」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

goose bumpsの意味

英語のイディオム「goose bumps」は「鳥肌」です。寒いときや驚いたとき、感動した時に「腕の毛が逆立つ」ってこと経験したことがあると思います。それがまさに「鳥肌:goose bumps」です。日本語では「鳥肌が立つ」と言いますが、英語では「get goose bumps」となるんですね。

goose bumpsの使い方

goose bumpsの使い方

ここでは英語のイディオム「goose bumps」の使い方を詳しくみていきましょう。

That movie was really scary!!(あの映画は本当に怖かったよな!)

Yeah! I got goose bumps!!(うん。鳥肌が立ったよ!)


Their show was so amazing!! I got goose bumps!!(彼らのショウ本当にすごかったな!鳥肌が立ったよ!)

Me too!! (僕もだよ!)

今日のフレーズ

goose bumpsのフレーズ

英語のイディオム「goose bumps」を使った今日のフレーズは「I’m getting goose bumps!」「鳥肌が立ってきたよ!」です。このフレーズはすごく寒くて、とても感動して「鳥肌が立ってきた」と言いたいた場合などに使えます。

まとめ

ここまで英語のイディオム「goose bumps」の意味と使い方を詳しくみてきました。日本語でも「鳥肌」と「鳥」が使われています。英語では単なる鳥ではなく、ガチョウを使っているんですね。「鳥肌が立つ」と言う場合は「get goose bumps」、これも一緒に覚えてしまいましょう!

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました