英語のイディオム:dog daysの意味と使い方

dog daysのパンダの絵今日のフレーズ

「dog days」という英語のイディオム、直訳すると「イヌの日々」となりますよね。なんだか家で飼っているイヌとの日々を題材にしたブログのタイトルのようです。ところが、日常会話では英語のイディオム「dog days」は違った意味合いで使われています。そこで今回は、英語のイディオム「dog days」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

dog daysの意味と使い方

英語のイディオム「dog days」は「真夏」と「(株や商売など)不振の時期」と2つの意味があります。日常会話で「dog days」と出てきた場合は「とても暑い夏の日」、お金などの話をしていた場合は「動きが停滞しており、低迷している時期」といった意味合いです。

dog daysの意味と使い方

dog daysの使い方

ここでは英語のイディオム「dog days」の使い方を詳しくみていきましょう。

I love staying home during the dog days of summer.(猛暑日は家にいるのが大好き。)

Same here. (僕もだよ。)

*「dog days of summer」と使われている場合は「猛暑日」という意味です。


How’s the business going? (仕事はどうだい?)

We are in the dog days. (低迷しているよ。)

今日のフレーズ

dog daysのフレーズ

英語イディオム「dog days」を使った今日のフレーズは「It’s the dog days of summer!」「猛暑日だな!」です。「汗だくになるようなとても暑い日」、「夏の中でも暑すぎる日」といった意味で使うことができますよ。

まとめ

ここまで英語のイディオム「dog days」の意味と使い方を詳しくみてきました。真夏のとても暑い日といった意味でよく使われているイディオムです。ビジネスやお金の話になると「動きが停滞しており、低迷している時期」と使われることも頭に入れておきましょうね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました