英語のイディオム:go backの意味と使い方

go backのパンダの絵今日のフレーズ

英語のイディオム「go back」は「戻る」「帰る」という意味です。「come back」や「return」という言葉も「戻る」や「帰る」という意味で使えますよね。気になるのは、どの様な場面で英語のイディオム「go back」が使われているのか、ですよね。そこで今回は、英語のイディオム「go back」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

go backの意味

英語のイディオム「go back」は「戻る・帰る」という意味で、「今いる場所・拠点としている場所とは違う場所へ戻って行く」という意味合いです。特に、何かしらの理由で戻るときに使います。

例えば、学校や会社から家に帰る必要があるといった場合は「go back home」。学校や会社は「今いる場所」で、帰る場所は「家(今とは違う場所)」だから「go back」を使うのです。また、「二度寝をする」といった場合も「go back」を使って「go back to sleep」。「目が覚める」→「寝る」ということは、「目が覚めている状況」から「寝ていた状況」に「戻る」ということなので「go back」を使うのですね。

「自分が今いる場所・話し相手が今いる場所」とは「別の場所に戻る・帰る」といった場合、「自分が今いる状況・話し相手が今いる状況」とは「別の状況に戻る・帰る」といった場合は「go back」なのです。

go backの使い方

ここでは英語のイディオム「go back」の使い方を詳しくみていきましょう。

go backの使い方

What’s your plan after the meeting?(ミーティングの後の予定は?)

I’m going back home.(家に帰るよ。)

Don’t you have to go back to the office?(オフィスに戻らなくていいの?)

Nope.(いいの。)


When is Paul going back to America?(ポールはいつアメリカに帰っちゃうの?)

I think next month.(来月だと思う。)


Is he up?(彼起きてる?)

No. He went back to sleep.(いいや。また寝てる。)

今日のフレーズ

go backのフレーズ

英語のイディオム「go back」を使った今日のフレーズは「I’m going back home.」「家・実家に帰るよ。」です。嬉しそうにこのフレーズを使う場合は、「しばらく帰れていなかった自分の家・実家にやっと帰れるよ」といったニュアンスです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「go back」の意味と使い方を詳しくみてきました。「go back」は「今いる場所・状況」とは「別の場所・状況に戻る」という意味合いで使われます。特に、何かしらの理由で戻るときに使われます。色々な場面を想像しながら練習してみてください。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました