英語のイディオム:come fromの意味と使い方

come fromのパンダの絵今日のフレーズ

英語のイディオム「come from」は「~から来る」という意味です。この英語のイディオム、色々な場面で使われていますが、時には「~出身である」「~原産である」といった意味で使われていることがありますよね。これは英語のイディオム「come from」には「~から来る」という意味がベースにあるからなのですよね。そこで今回は、英語のイディオム「come from」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

come fromの意味

英語のイディオム「come from」には「~から来る」「~の生まれ(出身)である」「~原産である」といった意味があります。「~から来る」には「~から伝来する」「~から聞こえてくる」「~から言われる」といった意味合いや「~の結果からなる」といった意味合いでも使われています。

come fromの使い方

英語のイディオム「come from」の使い方を詳しくみていきましょう。

come fromの使い方

「come from」の「from」の後ろには、出身地や原産地、物音が聞こえる「場所」、話し手である「」、結果となる「物事」が入りますよ。

「~の生まれ(出身)である」という意味で使われる「come from」

Paul comes from a small town in Fukuoka.(ポールは福岡の小さな町の出身なんだ。)

Oh, really, I didn’t know.(そうなんだ。知らなかったよ。)

「~原産である」という意味で使われる「come from」

I like this beer.(このビールが好きだな。)

This beer comes from Belgium.(このビールはベルギー原産だよ。)

「~から聞こえてくる」という意味で使われる「come from」

Hey, can you hear that?(ねえ、なんか聞こえる?)

Is it coming from the kitchen?(キッチンから聞こえてきてる?)

「~から言われる」という意味で使われる「come from」

This information comes from the person I trust. (この情報は僕が信頼してる人から言われたんだ。)

This is not good. (これは良くないな。。。)

「~の結果からなる」という意味で使われる「come from」

I heard that Paul is sick. Is he ok?(ポールが具合悪いって聞いたけど。大丈夫?)

He just needs good some days off. I think it comes from every day’s overwork.(うん、ちょっと休みが必要なんだ。毎日の過労から来るものだと思うよ。)

今日のフレーズ

come fromのフレーズ

英語のイディオム「come from」を使った今日のフレーズは「Where does this smell come from?」「この匂い(臭い)どっから来てる?」です。いい匂い、悪い臭い、どちらの場合にも使えるフレーズです。なんだか変なにおいがする、なんだか良いにおいがする、といった場面で使ってみましょう。

まとめ

ここまで英語のイディオム「come from」の意味と使い方を詳しくみてきました。英語のイディオム「come from」は色々な場面で使われている表現です。場面によってニュアンスは変わってきますが、ベースには「~から来る」という意味があることをしっかり覚えておきましょう。それでは、色々な場面を想像しながら練習してみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました