英語のイディオム:say no moreの意味と使い方

パンダの絵今日のフレーズ

「say no more」という英語のイディオム「Say no more!」と使われることも多く、耳にしたことがある方も多いと思います。これは一体どのような意味で使われているのでしょう。「say no more」を直訳すると「say:言う」「no more:もうない」で「もうない言うの」といった感じですよね。この直訳をみてると、分かるような分からないような微妙な気分になってきます。

そこで今回は、英語のイディオム「say no more」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

say no moreの意味

英語のイディオム「say no more」の意味は「それ以上言うな」や「黙り込む」です。使い方に寄って「それ以上言うな」になるのか「それ以上言わない(黙り込む)」になるのかが変わってきます。

また「それ以上言うな」には2つのニュアンスが含まれており、一つは「言わなくても分かってるから、それ以上言うな」、もう一つは「もう何度も聞いた、分かったからそれ以上言うな」。どちらも「もう聞きたくない」といった意味合いが含まれてるんですが「分かってるから」「分かったから」、似ているようで違うんですよね。

say no moreの使い方

say no more の使い方

ここでは英語のイディオム「say no more」の使い方を詳しくみていきましょう。

I need to finish packing these by the morning. (これ明日の朝までにパッキングしないといけないんだ。)

Say no more, I’m here to help. Tell me what to do. (分かってるよ、手伝いにきたんだ。何すればいいか言って。)


I saw Sarah with Paul. (サラがポールと一緒なのみたよ。)

Say no more. ((分かってるから)それ以上言うな。)


When I was a kid… (僕が子供のときは….

Say no more. (わかった、わかったから。)


Dad, every other kids have XXX. I …(父さん、他のみんなはXXX持ってるんだよ。)

Say no more. (わかったから。


He said no more. (彼は黙り込んだよ。)

I bet. (だろうな。)


I said no more. (それ以上言わなかったよ。)

Why? (なんで?)

今日のフレーズ

say no more のフレーズ

英語のイディオム「say no more」を使った今日のフレーズは「Say no more!」「それ以上言うな!」です。このフレーズは場面によって「分かってるから、それ以上言うな!」、「分かったから、それ以上言うな!」と使うことができますね。

まとめ

ここまで英語のイディオム「say no more」の意味と使い方を詳しくみてきました。知らないと「?」となりがちな「say no more」、しっかり覚えておきましょうね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました