英語のイディオム:say something overの意味と使い方

say something overのパンダの絵今日のフレーズ

英語のイディオム「say something over」は「say something over and over again」といった形でよく使われています。映画やドラマでも耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。「say something over」を直訳すると、「越えて何かを言う」となってしまいます。この直訳では使われていないのは容易に想像できますよね。

そこで今回は、「say something over and over again」の形も一緒に、英語のイディオム「say something over」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

say something overの意味

英語のイディオム「say something over」は「何かを繰り返して言う」という意味で「何かを復唱する」というニュアンスもあります。「something」の部分には繰り返して言う「何か」が入ります。

「say something over and over again」は「and over again」となっているので、繰り返す回数が多くなるわけです。なので、「何度も何かを繰り返して言う」「口を酸っぱくして言う」という意味になります。

say something overの使い方

say something overの使い方

ここでは英語のイディオム「say something over」の使い方を詳しくみていきましょう。

Why do you keep saying it over?(なんで繰り返し言ってるの?)

I’m just trying to remember. (覚えようとしてるんだよ。)


Don’t make me say it over. (何度も言わせないで。)

Sorry. (ごめん。)


Don’t play in the street! I’ve said it over and over again!! (道で遊びなさんな!何度も何度も言ってるでしょ!)

Sorry..(ごめんなさい。)

今日のフレーズ

say something overのフレーズ

英語のイディオム「say something over」を使った今日のフレーズは「I’ll say it over.」「繰り返すよ。」です。このフレーズの訳は「復唱するよ。」でもいいですね。「I’ll say it over and over again」になると、「何度も何度も言うよ」となります。

まとめ

ここまで英語のイディオム「say something over」と「say something over and over again」の意味と使い方を詳しくみてきました。「say something over」は「repeat」のことだと覚えておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました