英語のイディオム:let’s sayの意味と使い方

let's sayのパンダの絵今日のフレーズ

「let’s say」という英語のイディオム、日常会話ではよく使われている表現の一つです。これはいったいどのような意味で使われているのでしょう。直訳すると「いいましょう」となり、「いいましょう!」としたくなってしまいます。ところが、私たちがよく知っている「let’s ~!:〜しましょう!」とは違った使い方なのです。

そこで今回は「let’s say」の意味と使い方を詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

let’s sayの意味

英語のイディオム「let’s say」には「仮に〜だとしたら/〜だと仮定したら」と「たとえば」と言う意味があります。例え話をする時に使える表現です。「~だとしたら」で思い浮かべる「if」や、「たとえば」で思い浮かべる「for example」の代わりによく使う表現なのです。

let’s sayの使い方

let's sayの使い方

ここでは英語のイディオム「let’s say」の使い方を詳しくみていきましょう。

「仮に〜だとしたら」という意味の「let’s say」

①日曜日に外で何かするプランを立てている最中の一コマです。

Let’s say it rains on Sunday. What shall we do? (仮に日曜日が雨だとするよ。どうする?)

We can go to the movie. (映画に行けるよ。)


②何か予定がある同僚と話しをしている最中の一コマです。

Let’s say the meeting takes two hours, then you can leave by 3 o’clock. (仮にミーティングが2時間かかるとして、3時には出られるよ。

OK. I think I can get there on time. (わかった。時間通りに付けると思う。)

「たとえば」という意味の「let’s say」

①お店でのやり取りの一コマです。

I’ll give you a discount, let’s say $50. (ディスカウントしますよ。例えば50ドル。)

OK. I’ll take it. (わかった。買ういます。)


②次に会う予定を決めている一コマです。

When should we meet up? (いつ会う?)

Let’s say Friday at 6:30pm? (金曜日の6時半はどう?)

今日のフレーズ

let's sayのフレーズ

英語のイディオム「let’s say」を使った今日のフレーズは「Let’s say around 6.」「6時くらいはどう?」です。話してる相手に「何時がいい?」や「何時にする?」と聞かれたときなどに使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「let’s say」の意味と使い方を詳しくみていきました。日常会話でよく出てくる表現です。カジュアルな場面では「if」や「for example」よりも使われていることが多い行きがします。しっかりと身に付けておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました