日常でよく聞く「Please go ahead. 」を覚える!

Please go ahead.のパンダの絵今日のフレーズ

「Please go ahead.」は色々な場面で使われています。エレベーターに入るとき、ドアを開けて通るとき、狭い場所で誰かとすれ違うときなど、本当にこのフレーズを言ったり、言われたりします。

ここではこの「Please go ahead.」の意味と使い方を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

「Please go ahead.」は「お先にどうぞ」

パンダの絵を見てみると、今日のパンダは、後の鳥さんに順番を譲ろうとしています。日本語だと「お先にどうぞ。」、英語だと「Please go ahead.」を使います。「go ahead」は「先に進む」という意味があるのです。

Please go ahead.のポイント

ここで、「go ahead」のもう1つの意味もご紹介します。「どうぞ。(いいですよ。)」と言う意味です。

「go ahead」には他にも意味はあるのですが、日常で一番耳にする「go ahead」の意味は、この2つが多いです。

Please go ahead.の使い方

Please go ahead.の例文

上の絵でも書いておりますが、

昨日のフレーズ「Do you mind if I open the window?」(窓を開けてもいいですか?)と言われた時に、「Please go ahead.」(どうぞ(いいですよ)。」と使えます。

「〜してもいいですか?」と許可を求められた時に「どうぞ」と、は「Please go ahead.」が使えるのです。

その他には、「エレベーターに乗り込むときや、降りるとき」、「お店に入る時や、お店から出る時」など、他の人に「お先にどうぞ。」と言う時も「Please go ahead.」です。

色々な場面で使えそうでしょ?

「Go ahead.」と「Please」を付けないことも多々あります。この場合、優しい普通のトーンであれば、決して命令されている訳ではないので、ご注意を!

すごい強い口調で「Go ahead!」と言われた時は、明らかに命令されてます。(笑

「Go ahead.」と他の方に言う時は、優しい口調でいうのがポイントです。

では、今日もいっぱい声に出して練習しましょう!

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました