英語のイディオム:keep onの意味と使い方

keep onのパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

「keep on」という英語のイディオムは日常会話でもよく使われている表現です。耳にした事がある方も多いと思います。これは一体どのような意味で使われているのでしょう。「keep」には「(状態を)保つ」という意味以外にも「(動作を)続ける」という意味があります。これがこのイディオムのキーとなるんです。

それでは英語のイディオム「keep on」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

keep onの意味

英語のイディオム「keep on」は「~し続ける・~することを継続する」という意味です。「ある動作を続ける」というニュアンスです。また「話し続ける」「雇い続ける」といった意味で使われる事もあります。

keep onの使い方

keep onの使い方

ここでは英語のイディオム「keep on」の使い方を詳しくみていきましょう。「keep on」の後に動詞を使う場合には「~ing」の形が入ります。

You are so late! (すごい遅いよ!)

Sorry! We kept on getting lost!!(ごめん!道に迷い続けちゃったんだよ!)


How can you get so flexible? (どうしたらそんなに体柔らかくなたの?)

I just stretch everyday. If you keep on trying, you’ll be able to do it.(毎日ストレッチしてるだけだよ。やり続ければできるようになるよ!)


You made it!(やったね!)

Yeah! It was hard, but I kept on telling myself that I can do it! (うん。難しかったよ、けど、できるって自分自身に言い続けたよ。)


How are your kids? (子供たちはどう?)

They won’t stop talking. They keep on asking me random questions! (喋り続けてるよ。いろんな質問してくるんだよ!)


「keep on」を「話し続ける」という意味で使う場合は「I don’t know why she keep on about that.」「なんで彼女があの事について話し続けてるのかわからない。」のように使えます。

また「keep on」を「雇い続ける」という意味で使う場合は「The company is trying to keep on only skilled people.」「会社はスキルがある人だけを雇い続けようとしている。」のように使います。

今日のフレーズ

keep onのフレーズ

英語のイディオム「keep on」を使った今日のフレーズは「Keep on going.」「立ち止まるな。」です。「進み続ける」や「やり続ける」といった意味合いでも使えます。「Keep going.」と同じです。

「keep on ~ing」と「keep ~ing」は同じように使います。「keep on ~ing」の方が「しつこく」「執拗に」といったニュアンスが含まれています。

まとめ

ここまで英語のイディオム「keep on」の意味と使い方を詳しくみてきました。「keep ~ing」と同じように「keep on ~ing」イディオムは色々な場面で使われています。しっかり身に付けておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました