「Keep it up!」の意味は?どう使えばいいの?

Keep it up!のパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

日本語の「がんばれ」という表現には、様々な気持ちが含まれています。私たちは「がんばれ」という一言で、その人に対する応援の気持ちや励ましの気持ち、様々な気持ちを伝えることができます。
しかし、英語には日本語の「がんばれ」のように便利な言葉はありません。それぞれの状況、それぞれの感情によって「がんばれ」と使えるいろいろなフレーズが存在します。

ここでは「keep it up」を使って「がんばれ」と表現する状況をみていきます。

スポンサーリンク

今日のフレーズ

今日のフレーズはは「Keep it up!」、「その調子でがんばれ!」です。

「Keep it up!」は何かを頑張っている人を応援する時に使うフレーズです。日本語にすると「その調子で頑張れ!」となります。「いい調子だぞ!、その調子で頑張れ!」といった意味で使われています。

Keep it up!のフレーズ

ポイントにも書いていますが、「keep it up」という言葉には「今やっていること」を「そのまま続ける」という意味があります。

なので、この「Keep it up!」を頑張っている相手に対して言うときは「いいよ。このまま続けてね。」といった意味合いが含まれているんです。

Keep it up!の使い方

「Keep it up!」は友人同士、同僚の間でもよく使われますが、「親から子供」へ、「先生から生徒」へ、「上司から部下」へも良く使われています。

友人同士で使う場合は「練習や勉強を頑張っている」「苦手克服に取り組んでいる」「調子が上がってきている」ときなどに「Keep it up!」と声をかけます。

親から子供へは「子供が真剣に何かを練習してる」、「1人で何かに取り組んでいる」ときなんかに、よく「Keep it up!」と声をかけます。

先生から生徒へは「生徒が何かの目的のために頑張っている」、「テストの点数があがった」ときなどに「Keep it up!」と声をかけます。

上司から部下へは「順調に業績をあげてきている」、「プロジェクトの成功に向かって一生懸命取り組んでいる」場合などに「Keep it up!」と声をかけます。

どの状況をとっても「何かを頑張っている相手に」、「いい調子だ、このまま頑張れ」といった応援を込めて使われているのです。

自分より目上の人に対しては「Keep it up!」は使いません。

「Keep it up!」と言われた相手は、「よし、この調子で頑張ろう!」「よし、これでいいんだ!」と感じるはずです。褒めて伸ばしたい相手にはいっぱい使ってみてください。

では、今日も声に出して練習してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました