I’ll keep my fingers crossed!の意味と使い方

Fingers crossed!のパンダの絵今日のフレーズ

映画やドラマでもよく出てくるフレーズの「I’ll keep my fingers crossed!」、これは「Good luck!」と同じように使えるフレーズです。

このフレーズには、英語のイディオム「 keep my fingers crossed」が使われています。

ここでは「keep one’s fingers crossed」がどのような意味なのか、どのように使われているのかを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

今日のフレーズは「I’ll keep my fingers crossed!」

この「I’ll keep my fingers crossed!」は「幸運を祈っているよ」という意味です。

このフレーズは、何かにチャレンジする相手を応援したい時、励ましたい時に使うフレーズです。もちろん「頑張ってね」というニュアンスも含まれています。

keep one’s fingers crossedの意味

Fingers crossed!のフレーズ

「keep one’s fingers crossed」で、「成功を祈っている」「幸運を祈っている」という意味になり、友人、家族、同僚などの間でよく使われています。

「keep one’s fingers crossed」は直訳すると、「指を交差させたままにする」となります。ここで交差させる指は「人差し指」と「中指」です。

昔はこの「指を交差させる」というジェスチャーが、「不運を遠ざける」「幸運を招き込む」ジェスチャーと信じられていたそうです。

keep one’s fingers crossedの使い方

Fingers crossed!の使い方

どのような時に使えるのか少し詳しくみてみましょう。

何かに挑戦する人を応援するときに使う

テストを受ける相手を応援する時に、「I’ll keep my fingers crossed.(テストが上手くいくように願ってるよ。)」

大きな交渉を控えている同僚を応援する時に「I’ll keep my fingers crossed.(成功を祈ってるよ。)」

チームで何かに挑戦する時に、「Let’s keep our fingers crossed!(成功を祈ろう!)」

何かに挑戦する自分自身への成功を願って欲しいとき

自分自身が「テストを受ける」とき、「面接を受ける」ときなどに、友人や家族、同僚に『成功を願ってて』と使うことができます。

この場合は、以下のようなフレーズを使います。

「Please keep your fingers crossed.(成功を祈っててください)」

「Keep your fingers crossed.(上手くいくように願ってて)」

上のように使ってください。

まとめ

ここまで、「keep one’s fingers crossed」の意味や使い方をくわしくみてきました。

英会話では相手を応援したり、励したりすることがたくさんあります。日本語の「頑張って」のようないつでも使える言葉がないため、その場面場面でフレーズ変わってくるのが特徴です。

ぜひ、「keep one’s fingers crossed」を使いこなせるようになりましょう。

「Good luck!」も良いですが、ぜひ今日のフレーズ「I’ll keep my fingers crossed.」をつかってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました