hit the floorのパンダの絵

英語のイディオム:hit the floorの意味と使い方

ここでは英語のフレーズを使って、英語のイディオム「hit the floor」の意味と使い方をご紹介していきます。

英語のイディオム「hit the floor」は日常会話でもよく使われているのですが、シチュエーションによって意味が変わってきてしまいます。

ドラマのタイトルにもなった「hit the floor」詳しくみていきましょう。

目次

今日のフレーズ

「hit the floor」を使った今日のフレーズは「I hit the floor…」、「転んでしまった」です。

このフレーズでは「お尻が床につく」といった感じで「転ぶ」という意味で使ってます。

「I hit the floor. 」は「I fell on the floor.」でも同じになります。

hit the floorの意味

hit the floorのフレーズ

「hit the floor」には大きく分けて、以下の4つの意味があります。

  1. 転ぶ、床につく
  2. 激しく踊る
  3. 床を叩く、床を打つ
  4. エレベーターのボタンを押す(エレベータに乗ったとき)

使う場面によって意味が変わってくるので、少し難しく感じますが、2番と4番においては使う場面が決まっています。

次に「hit the floor」の使い方をみてみましょう。

hit the floorの使い方

hit the floorの使い方

上の絵の”使ってみよう”で紹介しているフレーズを詳しくみてみましょう。

激しく踊るという意味の「hit the floor」

音楽が流れているところで、バーで、クラブで、「Let’s hit the floor!」と言われた際は「Let’s hit the dance floor.」ということです。「ダンスフロアーに行こう」=「踊ろう」ということになります。

このような場面で「Hit the floor!」となっても「踊ろう!」となりますね。

エレベーターのボタンを押す(エレベータに乗ったとき)の「hit the floor」

エレベーターの中で「階のボタンを押してくれる?」というときは「Can you hit the floor?」となります。

床に伏せるという動作で使う「hit the floor」

銀行強盗が押し入ってきた時や、危険な場面で警察官に「Hit the floor!」と言われた時は「床に伏せろ!!」という意味です。

もしもこのような状況に遭遇した場合は、うつぶせで床に伏せましょう。

危険な場面以外でも、「床でうつぶせになって」という意味で使います。

転ぶ」で使う「hit the floor」

The baby is going to hit the floor! (赤ちゃんが転びそう)

「床につく」で使う「hit the floor」

The ice cream had hit the floor. (アイスが落ちちゃった)

「床を叩く・床を打つ」で使う「hit the floor」

I heard the sound someone hit the floor. (誰かが床を叩く音を聞いた。)

I can hear the raindrops hitting the floor. (床をうつ雨の音が聞える。)

最後に、英語で「jaw hit the floor(顎が床につく)」は「(顎が床につくほど)驚いた、すごいショックだ」という時に使います。

My jaw hit the floor. (ホント驚いた!)

この場合は必ず「jaw」が使われるので、覚えておきましょう。

まとめ

ここまで「hit the floor」の意味と使い方を紹介してきました。

様々な意味がありますが、使う場面が決まっているものもあります。「hit the floor」が使える場面を想像しながら覚えていくと楽しいイディオムです。

ここで紹介したフレーズは日常会話で良く耳にするものばかりなので、しっかりと練習して覚えておきましょう。場面を想像しながら練習してくださいね。

「英語のイディオム:hit the floorの意味と使い方」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください