英語のイディオム:fat catの意味と使い方

fat catのパンダの絵 今日のフレーズ

「fat cat」という英語のイディオムは、直訳すると「太ったネコ」といった訳になります。もちろん、この訳で使われていることもありますが、他の意味もあるんです。「太ったネコ」から想像すると「太った人」といったイメージが湧いてきますが、日常会話で使われている意味とは少し違うんです。そこで今回は、英語のイディオム「fat cat」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

fat catの意味

英語のイディオム「fat cat」は「お金持ちの人」「有力者」といった意味です。「資産をたくさん持っており、ビジネス界や政界で力を有する人」「多額の政治献金を行う人」といった意味合いが含まれています。ネガティブな意味合いで使う時は「権力やお金を振りかざす人」といったニュアンスになります。

fat catの使い方

fat catの使い方

ここでは英語のイディオム「fat cat」の使い方を詳しくみていきましょう。

How was the meeting? (ミーティングはどうだった?)

Paul is a fat cat in this community for sure. (ポールがこのコミュニティーの有力者ってのは確かだな。)


How do you feel being a fat cat? (金持ちになってどうだ?)

Well, feels good. (えー、いい気分だな。)

今日のフレーズ

fat catのフレーズ

英語のイディオム「fat cat」を使った今日のフレーズは「I’m not a fat cat!」「お金はないよ。」です。相手が自分を「権力者」「金持ち」と思っている時などに、「そんなことはない!」と使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「fat cat」の意味と使い方を詳しくみてきました。「fat cat」なのに「太ったネコ」の意味ではなく「金持ち」や「有権者」といった意味があるのです。知らないと「太った人」と悪口を言っている気分になってしまいますよ。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいご研)

コメント