英語のイディオム:be used toの意味と使い方

be used toのパンダの絵今日のフレーズ

英語のイディオム「be used to」は「~に慣れている」という意味です。「used to」ってのもありますよね。でも、「used to」は「昔は~したものだ」と「現在はやめてしまった動作や習慣」を話すときに使うもので、ここで紹介する「be used to」とは違うんですね。そこで今回は、この英語のイディオム「be used to」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

be used toの意味

英語のイディオム「be used to」は「~に慣れている」という意味ですが、「何度もやったことがる物事なので慣れている、経験したことがある物事なので慣れている」といったニュアンスです。

また、「〇〇には長いこと住んでいた(住んでいる)ので〇〇には慣れている」や「何度も〇〇に行ったことがあるので〇〇に慣れている」といった感じで「〇〇という場所に慣れている」といった使い方もできます。

be used toの使い方

be used toの使い方

ここでは英語のイディオム「be used to」の使い方を詳しくみていきましょう。

Do you like living in the big city?(大都市での生活は好き?)

Yeah. I’m from London, so I’m used to the big city.(うん。ロンドン出身だから、大都市には慣れているしね。)


I’m used to Fukuoka.(福岡には慣れているよ。)

How long did you stay there?(どのくらいいたの?)

今日のフレーズ

be used toのフレーズ

英語のイディオム「be used to」を使った今日のフレーズは「I’m used to the noise.」「騒音には慣れてるよ。」です。街の真ん中に住んでいて騒音には慣れている、毎日うるさい場所で働いてるから騒音には慣れているといった場合に使えるフレーズです。

まとめ

英語のイディオム「be used to」の意味と使い方を詳しくみてきました。「be used to」は「既に経験した、あるいは何度もやったことがあるのでその物事には慣れている」といった場面で使えるイディオムです。色々な場面を想像しながらフレーズを作って練習してみてください。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました