英語のイディオム:take it easyの意味と使い方

take it easyのパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

「take it easy」という英語のイディオム、『Take it easy!』とよく使われていますよね。これは一体どのような意味で、どのように使われているのでしょう。アメリカでは、別れ際にもよく使われているフレーズです。英語のイディオム「take it easy」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

take it easyの意味

英語のイディオム「take it easy」には4つの意味があります。

①「リラックスする」という意味の「take it easy」

「リラックスする」は「忙しい人」「疲れている人」「頑張りすぎている人」に対して「take it easy」という時はこの意味です。

②「落ち着く」という意味の「take it easy」

「落ち着く」は「怒っている人」「イライラしている人」「落ち着きがない人」に対して「take it easy」という時はこの意味です。

③「ゆっくり・やさしく」という意味の「take it easy」

「ゆっくり・やさしく」は「何か物を移動するとき」などに「take it easy」という時はこの意味です。

上の①から③の「take it easy」のベースの意味合いは、馬や牛を制する時に言う「どうどう」と似た感じです。

④「じゃあね」という意味の「take it easy」

「じゃあね」と「Bye」というようなシチュエーションで使われている「take it easy」は「頑張りすぎないようにね」「ゆっくりするんだよ」という意味合いを込めた「じゃあね」になります。「good bye + be careful」のような感じです。

take it easyの使い方

take it easyの使い方

ここでは英語のイディオム「take it easy」のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう。

①「リラックスする」という意味の「take it easy」

What’s your plan for this weekend? (今週末は何か予定あるの?)

I’m just gonna take it easy. (ただゆっくりするよ。)


You look so tired. Why don’t you take it easy for a little while? (疲れてるようだね。少しの間ゆっくりしたらどう?)

Thanks. I didn’t sleep much last night. (ありがとう。昨晩あまり寝れなかったんだ。)

②「落ち着く」という意味の「take it easy」

What did you just say? (いま何て言った?(怒))

Take it easy. (落ち着けよ。)


I don’t have much time. I can’t finish it!! (もう時間がない。終わらせらんないよ!!!)

Take it easy. Let me help you. (落ち着いて。手伝うよ。)

③「ゆっくり・やさしく」という意味の「take it easy」

Oh. This is heavy…(おっと、これ重いな。)

This piano is really expensive, so take it easy. (このピアノはすごい高いんだぞ、やさしくな。)


Whoa, whoa, take it easy! You are going way too fast!(おっと、おっ〜と、ゆっくり。早く行き過ぎだよ。)

Sorry. (ごめん。)

④「じゃあね」という意味の「take it easy」

Bob
Bob

See you, Ben! (べん、またね!)

Ben.
Ben.

Take it easy, Bob! (じゃあな、ボブ!)

*この「じゃあな」には「気をつけてな」という意味合いも含まれています。


See you soon! (またな!)

Take it easy! (気をつけてな!)

You, too! (お前もな!)

今日のフレーズ

take it easyのフレーズ

英語のイディオム「take it easy」を使った今日のフレーズは「Take it easy!」「じゃあね、気をつけてね。」です。このフレーズを「バイバイ!」というような別れ際で使う場合はこの「じゃあね、気をつけてね」という意味になります。

まとめ

ここまで英語のイディオム「take it easy」の意味と使い方を詳しくみてきました。「take it easy」は場面によってニュアンスが異なります。色々な場面を想像しながら使ってみると、覚えやすいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました