英語のイディオム:dog’s chanceの意味と使い方

dog's chanceのパンダの絵今日のフレーズ

「dog’s chance」という英語のイディオム、直訳すると「イヌのチャンス」となってしまいます。しかし、この直訳の「イヌのチャンス」からは日常会話で英語のイディオム「dog’s chance」どのような意味で使われているのか想像しがたいですよね。そこで今回は、英語のイディオム「dog’s chance」の意味と使い方を詳しくみていきます。

スポンサーリンク

dog’s chanceの意味

英語のイディオム「dog’s chance」は「わずかな見込み」「ごくわずかなチャンス」といった意味です。「何かをするにあたって、目的を達成する見込みはわずかしかない」「その物事が起こる可能性はわずか」といったニュアンスです。「not have a dog’s chance」となると「まるで見込みがない」という意味になりますよ。

dog’s chanceの使い方

dog's chanceの使い方

ここでは英語のイディオム「dog’s chance」の使い方を詳しくみていきましょう。

Are you ready for the test? (テストの準備はいい?)

Not really. I have a dog’s chance of passing the test. (いいや。テストをパスするチャンスはわずかだな。)


Who’s gonna get a promotion? (誰が昇進するかな?)

I don’t have a dog’s chance. (僕はまるで見込みがないな。)

今日のフレーズ

dog's chanceのフレーズ

英語のイディオム「dog’s chance」を使った今日のフレーズは「I have a dog’s chance.」「わずかな見込みがある。」です。このフレーズは、何かの物事を達成する可能性について話している時に使えます。「ほんの少し可能性がある」といった意味合いですね。

まとめ

ここまで英語のイディオム「dog’s chance」の意味と使い方を詳しくみてきました。「not have a dog’s chance:まるで見込みがない」といった形でもよく使われているので、「dog’s chance」と「not have a dog’s chance」のどちらの形も覚えておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました