英語のイディオム:dog’s ageの意味と使い方

dog's ageのパンダの絵今日のフレーズ

「dog’s age」という英語のイディオム、直訳すると「イヌの年齢」といった訳になりますよね。直訳からだと、飼い犬の年齢か何かのを話しているのかと思ってしまいます。ところが、日常会話で使われている英語のイディオム「dog’s age」は直訳からは想像もつかないような意味合いです。そこで今回は、英語のイディオム「dog’s age」の意味と使い方を詳しくみていきますよ。

スポンサーリンク

dog’s ageの意味

英語のイディオム「dog’s age」は「長い期間」「長い年月」といった意味です。「本当に長い間」「ずいぶん長いこと」「久しく」といった意味合いで使われています。「 long time」と同じように使えます。

dog’s ageの使い方

dog's ageの使い方

ここでは、英語のイディオム「dog’s age」の使い方を詳しくみていきましょう。

How have you been? I haven’t seen you in a dog’s age! (どうしてた?長いこと会ってなかったけど。)

I’ve been good. You? (元気だったよ。君は?)


It’s been a dog’s age since I retired. (引退して長いことたつよ。)

So what are you doing these day? (じゃー、最近は何しているの?)

今日のフレーズ

dog's ageのフレーズ

英語のイディオム「dog’s age」を使った今日のフレーズは「It’s been a dog’s age.」「久しぶりだね。」です。「久しぶり。」と言いたいときは「It’s been a long time.」の代わりに「It’s been a dog’s age.」が使えますよ。

まとめ

ここまで英語のイディオム「dog’s age」の意味と使い方を詳しくみてきました。日常会話でカジュアルに使われている表現です。「久しぶり」と言いたいときなども使えるので、ぜひ使ってみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました