英語のイディオム:chickens come home to roostの意味と使い方

chickens come home to roostのパンダの絵 今日のフレーズ

「chickens come home to roost」という英語のイディオム、直訳すると「ニワトリはねぐらに帰ってくる」といった訳になります。この英語のイディオムは、日常会話でもよく使われている口語表現なのですが、直訳からはどのように使われているのか想像しにくいですよね。そこで今回は、英語のイディオム「chickens come home to roost」の意味と使い方を詳しくみていきますよ。

スポンサーリンク

chickens come home to roostの意味

英語のイディオム「chickens come home to roost」は「自業自得」「因果応報」といった意味です。他にも「身から出たサビ」や「自分で蒔いた種」も「chickens come home to roost」です。自分が行ったこと(悪行)は、必ず自分にかえってくるといったニュアンスです。

chickens come home to roostの使い方

chickens come home to roostの使い方

ここでは英語のイディオム「chickens come home to roost」の使い方を詳しくみていきましょう。

It seems like Paul is in a difficult situation.(ポールは難局に立たされているみたいだな。)

His chickens are coming home to roost.(彼がやったことがかえってきてるのさ。)


You should study more. Your chickens will come home to roost. (もっと勉強しろよ。後で苦労するぞ。)

I know…(わかてるよ。)

今日のフレーズ

chickens come home to roostのフレーズ

英語のイディオム「chickens come home to roost」を使った今日のフレーズは「I guess his chickens came home to roost.」「彼の自業自得だよな。」です。「何か大変なことになっている彼の状況は、彼のやってきたことに対しての報いだよ」と言いたい時に使えますね。

まとめ

ここまで英語のイディオム「chickens come home to roost」の意味と使い方を詳しくみてきました。「自業自得」「身から出た錆」と言いたい時には「chickens come home to roost」を使ってみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいご研)

コメント