英語のイディオム:catch heatの意味と使い方

catch heatのパンダの絵今日のフレーズ

「catch heat」という英語のイディオム、これはいったいどのような意味で使われているのでしょう。「catch a cold / catch cold」が「風邪をひく」なので、「catch heat」も何かしら「風邪」や「温度」と関係のある表現なのではないかと思いがちですよね。しかし、これが全く違った意味なのです。

そこで今回は、英語のイディオム「catch heat」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

catch heatの意味

英語のイディオム「catch heat」は「怒られる」「叱られる」といった意味です。「何か言ったこと、あるいは何かしたことによって「責められる・非難される」だったり「怒りの矛先が向いてくる」といったニュアンスです。このことから「相手を怒らせて面倒なことに巻き込まれる」といった意味合いもあります。

catch heatの使い方

catch heatの使い方

ここでは英語のイディオム「catch heat」の使い方を詳しくみていきましょう。

How was your test? (テストどうだった?)

It was bad… I think I’m going to catch heat from my parents. (悪かった。両親に怒られるね。。。)


I have to go. (行かなくちゃ。)

Already? (もう?)

If I go home late again, I’m really going to catch heat from my wife. (また遅く帰ったら、奥さんにこっぴどく叱られるよ。)

今日のフレーズ

catch heatのフレーズ

英語のイディオム「catch heat」を使った今日のフレーズは「I don’t wanna catch heat.」「怒られたくない。/叱られたくない。」です。何かをすることで「ある人を怒らせてしまう可能性がある、ある人から叱られてしまう可能性がある」といった場合に使えるフレーズですね。

まとめ

ここまで英語のイディオム「catch heat」の意味と使い方を詳しくみてきました。「catch heat」で使われている「heat」は「人の怒り」です。温度や熱とは違うので、そこをしっかり覚えておきましょう。日本語でも怒りを表す表現で「カッカする」ってありますが、そんな感じですね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいご研)

コメント