英語のイディオム:strap onの意味と使い方

strap onのパンダの絵今日のフレーズ

「strap on」という英語のイディオム、「紐でつける」「紐で取り付ける」といった意味です。映画やドラマでは少し違った意味での「strap on」が使われていることもあります。そこで今回は、英語のイディオム「strap on」と少し違った意味合いの「strap on」を詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

英語のイディオム:strap onの意味

英語のイディオム「strap on」は「紐でつける」「紐で取り付ける」「紐で縛る」という意味です。何かの物や人を紐で他の何かに固定する・縛り付けるときに使われています。

「strap on」が「strap onto」となっても同様の意味で使えますよ。

ただ、「strap-on」となると「紐で取り付けられている」という意味になったり「外部取付け式補助エンジン」といった意味になります。

また、性的な話の中で「strap-on」となると「ペニスバンド」や「ペニスバンドを装着した」といった意味になってしまうので要注意です。

英語のイディオム:strap onの使い方

ここでは英語のイディオム「strap on」の使い方を詳しくみていきたいと思います。

strap onの使い方

This box doesn’t fit in my car…(この箱、車に入らないな…)

We should strap on the car, then. (それなら、車の上に紐で固定しよう。)


How was the historical museum?(博物館はどうだった?)

I tried on armor. The staff strapped on various pieces of armor to my legs and arms. (鎧を着けたんだ。スタッフの人が足や手にいろいろな鎧の部品を紐でつけてくれた。)


Where is Paul?(ポールはどこ?)

He strapped a backpack on himself and walked to the front. (バックパックをしっかりからって玄関に行ったよ。)

「バックパックについている紐をしっかり留めて」という意味なので「バックパックをしっかりからって」といった訳にしています。

ここまで、英語のイディオム「strap on」の使い方を詳しくみてみました。次は、英語のイディオム「strap on」を使った今日のフレーズですよ。

今日のフレーズ

strap onのフレーズ

英語のイディオム「strap on」を使った今日のフレーズは「Can you strap this box on the bicycle?」「この箱を自転車に紐でしばりつけてくれる?」です。物が落ちないように自転車の上に乗せる・自転車に固定するといった場合に使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「strap on」の意味と使い方、そして少し違った意味合いの「strap-on」を紹介しました。紐でつける・固定するといった場合に使える「strap on」、いろいろな場面を想像しながらフレーズを作って練習してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました