英語のイディオム:seal upの意味と使い方

seal upのパンダの絵今日のフレーズ

「seal up」という英語のイディオムには「封印する」「密閉する」という意味があります。日常会話で使われている表現で、「seal:封印する・密閉する」と同じように使われています。ただ、「seal」が持つ意味全てに当てはまるわけではありません。そこで今回は、英語のイディオム「seal up」の意味と使い方を詳しくみていきます。

スポンサーリンク

seal upの意味

英語のイディオム「seal up」は「封印する」「密閉する」の他に「塞ぐ」「目張りする・目塗りする」といった意味があります。ものが開かないように閉じる・ものがこぼれてしまわないように容器を閉じる、隙間や穴を塞ぐといった意味合いです。

「目張りする」は窓やドアの隙間などから風が入らないように紙などを使って塞ぐことですし、「目塗りする」は物の合わせ目を塞ぐことです。このことからも「seal up」は塞ぐという動作をあらわすイディオムであることが分かりますね。

「seal up もの」または「seal もの up」という形で使われています。

「seal」と「seal up」の違い

「seal」にも「seal up」と同じ「封印する」「密閉する」の意味があります。どちらも「ものが開かないように閉じる・ものがこぼれてしまわないように容器を閉じる」といった意味で同じように使えます。また、「塞ぐ」という意味に関しても「seal」と「seal up」どちらを使っても構いません。

ところが「seal」にはその他に「印を押す」「認める」といった意味があります。この場合は、英語のイディオム「seal up」を使うことはありません。

seal upの使い方

seal upの使い方

ここでは英語のイディオム「seal up」の使い方を詳しくみていきましょう。

We need to seal up the windows before the typhoon comes.(台風が来る前に窓をの隙間を塞いでしまわないと。)

Yeah. (だな。)


Can you seal up the container?(容器を閉めてくれる?)

Sure.(了解。)

今日のフレーズ

seal upのフレーズ

英語のイディオム「seal up」を使った今日のフレーズは「Can you seal up the hole?」「穴を塞いでくれる?」です。壁に開いた穴や、何かの穴を塞ぐといった場合に使えます。紙やテープなどで塞げるくらいの穴に対して使われることが多いです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「seal up」の意味と使い方を詳しくみてきました。封筒や蓋を閉じる場合や紙やテープを使って隙間などを塞ぐといった場合に使われている表現です。いろいろな場面を想像しながらフレーズを作って練習してみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました