「I need a drink.」ってどんな意味?いつ使うの?

今日のフレーズ
スポンサーリンク

この「I need a drink.」を直訳すると「飲み物が必要」で「飲み物がいる」と言われている気がします。しかしこれが、どんな飲み物でも言いわけではないんです。

「I need a drink.」の「drink」とはどのような飲み物のことなのか詳しくみていきましょう。 

スポンサーリンク

今日のフレーズ

今日のフレーズはもちろん、 “I need a drink.” です。

“Drink”の意味は「飲む/飲み物」です。しかし、”I need a drink.” というフレーズで使われている「a drink」は「お酒」のことです。”I need a drink.”は「お酒飲みたい/酒がいる」という意味です。

お酒を飲みたい気分の時ありますよね?そんなときに使うフレーズなんです。

会社で疲れ果てて飲みたい気分の日はもちろん、”I need a drink.”(お酒が飲みたい)、嫌なことがあってムシャクシャするってな時も”I need a drink.” (酒がいる/飲まなきゃやってらんない)。

他にも、久しぶりにあった友達と盛り上がったり、みんなで盛り上がってる時には”We need a drink!” (今日は飲もうぜ!)みたいな感じでも使えちゃうんですね。

drinkの違い

「drink」には「飲む/飲み物」、「酒を飲む/アルコール飲料」という意味があります。

これをどのように使い分けているのかを見てみましょう。

飲み物いる?と聞くとき

Would you like something to drink? (何か飲みます?)

Can I get you something to drink? (何か飲む?

→ この場合はアルコール以外、何か飲みます?ということ。

Would you like a drink? (何か飲みます?)

Can I get you a drink? (何か飲む?)

→ この場合は”アルコール、何か飲みます?”ということ。

「何か飲む?」と聞くときはこのように「アルコール以外の飲料」と「アルコール飲料」で使い分けることが多いです。

「drink」を「a drink」とするときは「アルコール飲料」を指すことがほとんどです。

drinkの使い方

”お酒が弱い”って何て伝えればいい?と良く質問されるのですが、直接的な言い方はありません。なので、そんな時は “I get drunk easily.” (すぐ酔っぱらってしまうんだよね)だったり、“I can’t drink much.” (あまり飲めない)と言った表現を使うと”私はお酒に弱い”と伝えることができます。

ちなみに “GET + DRUNK(酔っぱらっている状態)”で”酔っぱらう”という意味になります。また次の機会に詳しくは説明します!

日本人が”酒飲みたい!”と言いたくて、良くやりがちなのは”I need to drink alchol.” これ文法的には間違いではないのですが、使いません!

酒飲みたい!って言いたい時は “I need a drink!” と言いましょう!

ちなみに、ただ単に喉がかわいて飲み物が飲みたいときは、”I need something to drink.”です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました