今日は「I have to go.」で使われている「have」をチェック。

I have to go.のパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

動詞の「have」を使ったフレーズの第9弾。今日は「have to」の使い方も覚えよう。

「have」に「to」をくっつけると、「have to 」となります。この「have to」の後に「動詞 」(動詞はgo, work, study, run, eat, などなどですね。)を持ってくると、「~しなくてはならない」という意味になります。

I have to go.のパンダのフレーズ

「I have to go.」は直訳すると、「行かなくてはならない」ですね。

一番最初の絵を見てみると、パンダは時計を見ながら、黄色い鳥を思い浮かべていますね。きっと、黄色い鳥と約束があるのでしょう。

誰かと約束がある、次の予定がある、そんな時は「I have to go.」(行かなくちゃ。)使いましょう。

I have to go.のパンダの例文

上にある例文を、場面も含めて、詳しくみてみましょう。

終わらせなくては行けない仕事が終わらない。定時に帰れず、遅くなってしまうときありますよね。家に帰って、家族に「遅かったね〜」と言われた時は、

「I had to work late.」(遅くまで仕事しないといけなかったんだ。)

会社で、外国のクライアントとやり取りする立場に。英語が必要だな。。。

そんな時は「I have to learn English.」(英語を学ばなくちゃ。(勉強しなくちゃ)」

海外に出張になった。英語話せないから行きたくないと思ってたら、

「You don’t have to speak English.」(英語話さなくていいよ。)って言われた。通訳がいるらしい。

基本は「have to」、過去のことを話す時は「had to」ですね。

否定形になると「don’t have to ~」(〜しなくてよい)です。

「must」と「have to」については、またの機会で説明します。ので、今日はしっかり「have to」をどうやって使うかを覚えてください。

英語は声に出して覚えるのが一番。今日もしっかり声に出して、今日のフレーズを練習してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました