英語のイディオム:get backの意味と使い方

get backのパンダの絵今日のフレーズ

英語のイディオム「get back」には「戻る」「戻す」といった意味があります。詳しく意味を探ってみると、「get back」は何かが「元の場所に戻る」、何かを「元の場所に戻す」といった感じです。そこで今回は、英語のイディオム「get back」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

get backの意味

①「戻る」という「get back」

「戻る」という「get back」は「人が元居た場所(家など)に戻る」、「人が何かの作業に戻る」といった場合に使えます。また、「失くしていたものが戻る」、「取られていたものが戻る」と一体場合にも使われています。

②「戻す」という「get back」

「戻す」という「get back」は「物を元の場所に戻す」、「(それてしまっていた)話を元に戻す」、「借りていたもの・支払いを戻す」といった場合に使われています。「返す」といったニュアンスですね。

③「下がる」という「get back」

「下がる」という「get back」は「後方に下がる」という意味で、並んでいる人や集まっている人に「後ろに下がって欲しい」といった場合に使えます。

get backの使い方

①「戻る」という「get back」の使い方

We need to get back to the office.(オフィスに戻ろなきゃ。)

Yeah. (うん。)


You look tired.(疲れてるようだな。)

I couldn’t get back to sleep after the call.(電話の後、寝付けなかったんだ。)

②「戻す」という「get back」の使い方

Did you get your money back? (お金返してもらった?)

Yeah.(うん。)


I need to get this back to Paul. (これポールに返さなきゃ。)

He will be here soon.(もうすぐここに来ると思うよ。)

③「下がる」という「get back」の使い方

Get back please. (後ろに下がってください。)

OK.(はい。)


今日のフレーズ

get backのフレーズ

英語のイディオム「get back」を使った今日のフレーズは「Let’s get back to work.」「仕事に戻ろう。」です。休憩した後や何か他のことをやった後、「元々やっていた仕事に戻ろう」といったニュアンスで使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「get back」の意味と使い方を詳しくみてきました。「get back」は、何かが「元の場所に戻る」、何かを「元の場所に戻す」といったニュアンスで使います。色々な場面を想像しながら練習してみてくださいね。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました