英語のイディオム:fried to the hatの意味と使い方

fried to the hatのパンダの絵今日のフレーズ

「fried to the hat」という英語のイディオム、「すごく酔っぱらっている」という意味です。古い表現なので、日常的に使われるというよりも映画やドラマなどで出てくるかもしれません。知っておいて損はないので、ここでは「fried to the hat」の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

fried to the hatの意味

英語のイディオム「fried to the hat」は「すごく酔っぱらっている」様子をあらわす表現です。泥酔してしまっている、酒を飲みすぎてどうしようもない状況にある人を指して使われます。

fried to the hatの使い方

ここでは英語のイディオム 「fried to the hat」 の使い方を詳しくみていきましょう。

fried to the hatの使い方

Is he OK?(彼、大丈夫?)

Yeah. He always gets fried to the hat. (うん。彼はいつもすごく酔っぱらうんだ。)


When we finish this project, we need to get fried to the hat.(このプロジェクトが終わっ泥酔するほど飲むぞ。)

Yeah.(うん。)

*直訳すると「泥酔しないとな」となりますが、ここでは「泥酔するほど飲むぞ」(プロジェクトが大変なので、終わったら酔っぱらいに行かないとな)といったニュアンスです。

今日のフレーズ

fried to the hatのフレーズ

英語のイディオム「fried to the hat」を使った今日のフレーズは「He will come back fried to the hat.」「彼はきっと泥酔して帰って来る。」です。飲みに行った友人、きっと泥酔するほど飲んで帰って来ると言いたいときに使えるフレーズです。

まとめ

ここまで英語のイディオム「fried to the hat」の意味と使い方を詳しくみてきました。古い表現なので頻繁に出てくるものではありませんが、頭の中に入れておきましょう。こういった古い表現が好きな人がいるのも事実なので。それでは、色々な場面を想像しながらフレーズを作って、練習してみてください。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました