英語のイディオム:come upの意味と使い方

come up のパンダの絵 今日のフレーズ

「come up」という英語のイディオムを聞くと「上がる」や「昇る」といった意味が頭に浮かんできますよね。しかし、英語のイディオム「come up」は「上がる」や「昇る」といった意味以外でも日常会話でよく使われています。

そこで今回は英語のイディオム「come up」の意味と使い方を詳しくみていきます。

スポンサーリンク

come upの意味

英語のイディオム「come up」には「上がる」や「昇る」以外に、「(人が)近づいて来る・やってくる」、「(問題が)浮かび上がる、(予期していなかった事が)発生する」、「話題に上る・話しになる」といった意味があります。

come upの使い方

come up の使い方

ここでは英語のイディオム「come up」の使い方を詳しくみていきましょう。

「上がる」や「昇る」という意味の「come up」

人や物などが、今ある位置より高い位置に行く場合に「come up」を使い表現します。

The sun is coming up! (日が昇ってきたよ!)

Yeah. It’s really beautiful. (ほんと。きれいだな。)


Paul. Can you come up to the second floor? (ポール、2階まで上がってきてくれる?)

Sure. (了解。)


Would you like to come up? (家に寄ってく?)

Next time. (次の機会に。)

「人の家に立ち寄る、人の家にあがる」といった場合にも「come up」が使えます。

「(人が)近づいて来る・やってくる」という意味の「come up」

人が近づいて来るといった場合にも「come up」を使います。これにはその相手に何かしらの目的がある、例えば「話しに来る」といったニュアンスが含まれます。

Who is he? (彼は誰?)

He just came up to me and asked the way to the X station. (X駅までの行き方を聞きに来ただけよ。)


The dog is coming up. (犬が近づいてきてる。)

They know you love dogs! (犬好きって分かってるんだよ。)

「(問題が)浮かび上がる、(予期していなかった事が)発生する」という意味の「come up」

問題が起こる、何か予期せぬ事が起こった場合にも「come up」が使えます。

Do you want to stay for dinner? (夕食食べてく?)

Next time. Something came up. (次の機会に。用事ができちゃった。)

「Something came up.」または「Something has come up.」は「何かの用事ができた/急用ができた」という意味です。このフレーズを使えば、何が起こったのかを詳しく聞かれずにすみます。


What’s wrong? (どうした?)

The problems keep coming up. (問題が起こり続けてるんだ。)

「話題に上る・話しになる」という意味の「come up」

話題になったり、あるトピックが取り上げられるといった場合にも「come up」を使います。

Your name came up in the conversation. (会話の中であなたの名前がでたのよ。)

What were you talking about? (何を話してたの?)


How was the meeting? (ミーティングはどうだった?)

The subject of the raise didn’t come up. (賃上げについての議題は上がらなかった。)

今日のフレーズ

come up のフレーズ

英語のイディオム「come up」を使った今日のフレーズは「XX is coming up next!」「次はXXですよ!」です。テレビを見ているときやラジオを聞いている時に、耳にするフレーズです。「次はXXが始まりますよ」ということです。

「coming up」には「もうすぐ起こる」といった意味があります。何かを待っている相手に「coming up!」というと「もうすぐ来るよ/もうすぐできるよ」と使う事ができます。

「僕の誕生日はもうすぐだ。」と言いたいときにも「My birthday is coming up.」と「coming up」が使えます。

まとめ

ここまで英語のイディオム「come up」の使い方を詳しくみてきました。日常会話でよく使われているイディオムです。しっかり身に付けておきましょう。場面を想像しながらフレーズを覚えていくと効率的に身に付きますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました