英語のイディオム:slip of tongueの意味と使い方

a slip of the tongueのパンダの絵 今日のフレーズ
スポンサーリンク

「a slip of the tongue」という英語のイディオム、どのような意味で使われているのでしょう。直訳すると「a slip:滑り」「of:〜の」「the tongue:舌」で「舌の滑り」となります。「舌が滑る」とすると、何となく意味が想像できますね。それでは、もっと詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

a slip of the tongueの意味

英語のイディオム「a slip of the tongue」の意味は「失言する」「言い間違う」「言い損なう」です。意図していないことを言ってしまう、発音を間違えてしまう、言葉を間違えてしまうというニュアンスで使われています。

a slip of the tongueの使い方

a slip of the tongueの使い方

英語のイディオム「a slip of the tongue」は何かを言い間違えた時や、意図せずに言ってしまった時につかいます。使い方を詳しくみてみましょう。

a slip of the tongueの使い方の例①

Mom
Mom

John, can you give me a hand? (ジョン、手伝ってくれる?)

Ben
Ben

I’m not John. (僕はジョンじゃないよ。)

Mom
Mom

Did I say “John”? Sorry, it was just a slip of the tongue. (ジョンって言った?ごめんね, 言い間違っちゃった。)

Ben
Ben

You always call me John! (いっつもジョンって呼ぶんだから!)

子供の頃、父親や母親に他の兄弟の名前で呼ばれることってありましたよね。上の会話はまさにそのような状況です。

a slip of the tongueの使い方の例②

Why did you tell her? ( なんで彼女に言ったんだ?)

I didn’t mean to tell her. It was a slip of the tongue.(言うつもりはなかったんだよ。つい言ってしまったんだよ。)

上の会話は「言うつもりはなかったのに、勢いで言ってしまった」、「言うつもりはなかったのに、つい口から出てしまった」ような状況です。

a slip of the tongueの使い方の例③

Lincoln Street, right? (リンカーン通りでしょ?)

Did I say “Lincoln Street”? Sorry, that was just a slip of the tongue. I meant Linden Street. (リンカーン通りって言った?ごめん、言い間違えた。リンデン通りって言いたかったんだ。)

OK.

今日のフレーズ

a slip of the tongueのフレーズ

英語のイディオム「a slip of the tongue」を使った今日のフレーズは「It was a slip of the tongue.」「言い間違えた。」です。

このフレーズは「失言してしまった」「つい言ってしまった」「良い間違えてしまった」とも訳すことができます。場面によって意味が変わってくるので注意しましょう。

まとめ

英語のイディオム「a slip of the tongue」の意味と使い方を詳しくみてきました。日常会話でもよく使われているイディオムなので、しっかり覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました