英語のイディオム:tie up in a bowの意味と使い方

tie up in a bowのパンダの絵今日のフレーズ

「tie up in a bow」英語のイディオムは日常会話でも使われている表現の一つです。「蝶結びにする」という意味でも使われているのですが、もう一つ違った意味合いでも使われています。そこで今回は、英語のイディオム「tie up in a bow」の「蝶結びにする」以外の意味と使い方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

tie up in a bowの意味

英語のイディオム「tie up in a bow」には「対処する」「完了する」「解決する」といった意味があります。うれしい形で物事が完了する、満足いく形で物事を対処する・解決するといった意味合いで使われています。もちろん、「蝶結びにする」という意味でも使われています。

tie up in a bowの使い方

tie up in a bowの使い方

ここでは英語のイディオム「tie up in a bow」の使い方を詳しくみていきます。

I could tie up every task in a bow before the weekend.(週末の前に全てのたすくを完了することができたよ。)

That’s great! (よかったなん!)


Did you finish watching XX?(XX見終わった?)

Yeah. I’m grad that drama tied up everything in a bow at the end. (最後、すべて締めくくってくれて良かったよ。)

今日のフレーズ

tie up in a bowのフレーズ

英語のイディオム「tie up in a bow」を使った今日のフレーズは「We should tie up everything in a bow before the meeting.」「ミーティングの前に全て対処しておくべきだな。」です。ミーティングの前に対処しておくべきこと、完了しておくべきことをすべて行っておく必要があるといった意味合いで使えます。

まとめ

ここまで英語のイディオム「tie up in a bow」の意味と使い方を詳しくみてきました。「蝶結びをする」以外の意味でも使われているということを覚えておきましょうね。「満足いく形で対処できた・完了できた」といった意味で使えますよ。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいごラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました