英語のイディオム:once in a blue moonの意味と使い方

once in a blue moonのパンダの絵 今日のフレーズ

英語のイディオム「once in a blue moon」は「めったにない」や「ごくたまに」という意味で使われている表現で、「rarely」や「not very often」と同様に使うことができるイディオムです。そこで今回は、この英語のイディオム「once in a blue moon」の意味と使い方を詳しくみていきたいともいます。

スポンサーリンク

once in a blue moonの意味

英語のイディオム「once in a blue moon」は「ほとんどその物事が起こることはない」「めったにその物事を行うことがない」といったときに使う「めったに」「ごくたまに」といった意味で使える表現です。

「blue moon」は「ひと月の間に2回満月があるばあいの2回目の満月」を指します。ひと月のうちに満月が2回やって来ること自体あまりありませんよね。「once in a blue moon」はその「ブルームーンの中の1回」ということなので、「めったにあることではない」「レアなこと」といった意味で使われているのです。

once in a blue moonの使い方

ここでは英語のイディオム「once in a blue moon」の使い方を詳しくみていきましょう。

once in a blue moonの使い方

Is Paul coming to the party tonight?(今夜ポールはパーティーに来るの?)

Nope. I see him once in a blue moon now he gets married.(いいや。結婚してめったに会わないね。)


How often do you visit your family?(どのくらいの頻度で家族に会いに行く?)

They live in Iceland, so I visit them once in a blue moon.(家族はアイスランドに住んでるからめったにないね。)

今日のフレーズ

once in a blue moonのフレーズ

英語のイディオム「once in a blue moon」を使った今日のフレーズは「Once in a blue moon.」「めったにないね。」です。相手の「●●することある?」といった様な質問に対して「めったにない。」「ごくまれにね。」といった返しとして使えるます。

まとめ

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいご研)

コメント