アメリカのクリスマスディナーとは?!日本と違う!

今日はクリスマス、ってなことでアメリカのクリスマスディナーについて書いてみようと思います。

アメリカでもフライドチキンなのか?!

日本ではクリスマスになると、ケンタッキーフライドチキンの予約やら最近ではコンビニエンスストアでのフライドチキンなど、フライドチキン祭りのようになってます。

先日ケンタッキーフライドチキンに行ったのですが、大きなボードで予約の詳細が張り出してありました。

では、アメリカでもクリスマスはケンタッキーフライドチキンなのでしょうか?

答えは、ノー。

アメリカでは詰め物をした丸焼きのターキー!と思った方、

うーん微妙!

丸焼きのターキーはサンクスギビングのディナーの定番中の定番。もちろん、アメリカでもクリスマスはターキーを定番としているお家もありますが、11月末のサンクスギビングで丸焼きのターキを食べるため、ハムやローストビーフ、ポークディッシュが並ぶことが多いです。

ローストビーフは日本でも馴染みのある料理になりつつありますが、クリスマスに出てくるハムは日本で思い浮かべるハムとは少し違います。

定番なハム料理と言えば、”Glazed Ham”。

Glazed Ham(グレイズド ハム)ってどんな料理?

グレイズドハムとは、ハムの塊をメープルシロップや黒糖とフルーツなどで作ったシロップを塗ってオーブンで焼いたお料理です。

何となくしか伝わらないですよね。なのでざっくりとした調理例を紹介します。

まずは大きなハムの塊にアルミホイルを被せ、ゆっくりじっくりとオーブンで焼きます。時間はハムの大きさによりますが、160度で調理する場合は500gあたり10分〜12分。通常使われるハムの大きさは5kgくらいなので、約1時間半程じっくり約必要があります。

焼いてる間に黒糖やメープルシロップ、コーンスターチに塩、パイナップルジュース、マスタード、お好みでパイナップルを小鍋でかき混ぜながら煮立たせます。グレイズを作る際にはカットされたパイナップルを一緒に煮込んだりもするんですよ。

1時間程経ったところで一度ハムをとりだし、準備していたシロップを刷毛でまんべんなく塗ります。

塗り終わると再度オーブンへ戻し、残り30分程じっくり焼くのです。

そうすると、表面はパリッと中はジューシーなGlazed Hamの出来上がりです。

これが美味しいんです。あ〜、書いてる間に食べたくなってきました。。。

これと一緒に食卓を飾るサイドディッシュはそれぞれなのですが、定番といえばマッシュドポテトとグレイビーソース、ローストベジタブル、サラダ、パンなどなど。

テーブルをそれぞれの料理の大皿が並びます。

デザートはもちろん、クリスマスケーキ!!

と言いたいところですが、少し違うんです。

 

日本で定番のクリスマスケーキ。アメリカにもクリスマスケーキはあるの?

日本で定番のクリスマスケーキといえば、サンタサンが飾ってある生クリームベースのケーキですね。最近はそれ以外にもたくさんありますが。

アメリカのクリスマス、ケーキよりもパイが定番です。クランベリーやチェリーの入ったパイ、ナッツがたくさんのパイ、スイートポテトのパイ、などなど。その他にもクッキーやカップケーキなど様々なデザートが並びます。もちろん、生クリームのケーキやチョコレートケーキ、ブラウニーなどが並ぶお家もあります。

クリスマスはクリスマスケーキ!というよりも、デザートというイメージが強いです。なので、季節の素材を使ったデザートやお母さんが得意なデザートが並んでます。

クリスマスは観光地以外お店が開いていないので、お家で作った手料理が並びます。(もちろん、ケータリングなどもありますよ。日本のおせちの用に。)

ここまででも、かなり日本のクリスマスの定番とは違いますよね。

 

日本とアメリカのクリスマスは違う。

日本のクリスマスはお店もオープンしていて、クリスマスショッピングやクリスマスディナーへ出かける方がたくさん。しかし、アメリカでは観光地以外のお店はホボ閉店。スーパーやカフェ、レストランなども閉まっており、街中も静かです。

アメリカでのクリスマスは日本でのお正月のようなものです。家族や親戚が集まり、プレゼントを交換、一緒に食事をする、ゆっくりお家で過ごす。友達や恋人と出かけるのはクリスマスより、お正月です。

アメリカでは”Merry Christmas!”より”Happy Holidays!”。

クリスマスはキリスト教の方たちがイエス・キリストの誕生を祝う日。アメリカでは様々な人種の方が住んでおり、様々な宗教を信仰されています。そのため”メリークリスマス!”よりも”ハッピーホリデイズ!”と挨拶するのです。

 

どうでしょう?

日本とアメリカのクリスマスディナーはもちろんですが、様々な習慣が全く違いますよね?!実はクリスマスツリーやデコレーションも結構違います。その違いについてはまた気分が乗ったときにでも(笑)。

最後に、絶対覚えておいて欲しいことを一つ。

クリスマス時期にアメリカへ行く場合は、お店がホボ開いていません!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください