スピードラーニングで英語がペラペラ?

0
796
views

色々な英語教材があふれているなか、自分に会った教材や勉強法を自分自身でみつけるのはなかなか難しいです。

良くてレベコマーシャルで流れる「スピードランニング」、周りの方たちから本当にスピードランニングで英語を話せるようになるのかと聞かれます。

コマーシャルだけ見てると、

英語が話せなかった人が英語ペラペラになった!

ってな印象をうけますよね。

本当にスピードラーニングで英語がペラペラになるのか?

私自身の経験から言うと、「スピードラーニングだけで英語を話せるようになることは難しい」です。

スピードラーニングの公式ホームページにもありますが、

「聞きながすだけ」から始める英会話スピードラーニング

と書いてあります。

英語を勉強する上の初めの一歩としては抜群な効果を発揮すると思います。

英語を聞く、いつも英語を聞く、という環境づくりをおこなって英語に慣れることが英語を話せるようになる過程で必要なことだからです。

私自身、英語を話せるようになるのには英語をたくさん聞いて、英語に慣れることが必要だとこのホームページでもたくさん書いています。

ただ、英語を聞くだけで話せるようになることはない!

英語を沢山聞いて英語に慣れる作業と言うのはあくまでもインプットを数こなしているだけで、英語を話すまでの作業にはアウトプットと言う作業も重要。

聞いた英文をマネて言うと言う作業がアウトプットです。なのでスピードラーニングを聞き流すだけではなく、「聞いた文を音読する」ことを追加すれば、スピードラーニングを使って英語が話せるようになる可能性が大幅にアップすると思います。

 

英語を話せるようになるには英語脳をつくる必要がある

英会話を練習している人によく言うことがあります。

それは「英語は英語で理解して、英語でかえす」ということ。

英語で他の人と話をしているときに、英語を頭で日本語に翻訳していては英会話のスキルはアップしません。英語は英語で理解して、英語で返答するということが英会話なのです。

日本語で会話をしているときに考えながら言葉を選んで話すことはあるでしょうが、聞いたことを他の言葉に置き換えて理解し、それに返答するという方法で会話をしていますか?

英語で会話をするということは、日本語で会話をすることと何も変わりません。ただ、使用言語がちがうだけなのです。

例えば帰宅時の一コマで

日本語では

A:「今日はどうだった?」

B:「忙しかった。」

という会話があったとします。

英語では

A:「How was your day?」

B:「It was busy.」

となる訳です。

この短い会話の一コマ、英会話を勉強中の方が「How was your day?」と英語で聞かれたときの頭の中は以下のようになってるんです。

A:「How was your day?」

(B頭の中)How was your day?ってことは、今日はどうだった?ってことか。えっと、忙しかったってなんだっけ。It was busyか。

B:「It was busy.」

英会話を勉強中の方はBのように英語をまず翻訳して意味を日本語で理解し、日本語で回答を考えその回答を英語に翻訳しているんです。

頭の中で翻訳作業を行っている間は英会話力は伸びません。

英語は英語で理解し返答するという作業が英会話力アップには必須なのです。

「英語脳」ができれば、英会話力アップは確実です。

 

スピードラーニングで「英語脳」ができるのか?

私の感覚では難しいというか、時間がかかると思います。

なぜかというと、スピードラーニングの聞き流しの部分に「日本語」が含まれているからです。スピードラーニングは英語の後に日本語が流れるとのこと。確かに辞書やテキストを見なくても意味を理解しながら英語を聞くことはできるのですが、日本語が英語脳をつくる上で邪魔になってくると思うんです。

英語に慣れるはずが、日本語にも慣れることになってしまうんです。同じ時間。

これはちょっとモッタイナイと思います。

英語と日本語は切り離して聞き流して頂きたい。

日本語の部分はテキストでも良いと思うんです。一度読んでしまえば頭にはどのような文がCDに入っているのか分かると思います。あるいは、日本語と英語で別々に聞きき、英語を聞く時間を大幅にとることができれば英語脳率がアップすると思います。

英語脳をつくるには英語にどれだけ慣れるのかが重要なのです。アウトプットとインプットを同時に行って行けば確実に英語脳が大きくなってきます。

 

英語に必要なのは英語脳、それを造り上げるインプットとアウトプット

英語を話せるようになる上で必要になる英語脳、そしてそれを造り上げるインプットとアプトプットという作業。スピードラーニングでもできないことはありません。使い方とそれにかける時間を上手く配分できればスピードラーニングで英語がペラペラになることはあるでしょう。

ただ、使い方を工夫したりすることができなければ難しい、です。

どのような英語教材も同じだとは思いますが、教材はあくまでもツールの一つ。そのツールをどのように使うかで全く違った結果が生み出されます。

英語に慣れることが一番の勉強法です。

自分にあった勉強法がわかれば、どのような英語教材でもあなたにとっての最高の英語勉強ツールとなるんです。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください