Hi. How are you?への返事の仕方はいろいろある

0
879
views

How are you? 以外にもHow’s it going?How are you doing?などHow are you?の他にも同じように使えるフレーズがありますよね。

(Hi. How are you? と同じ、よく使うフレーズ4つ!)

How are you?への返答の仕方も色々とあるんです。

日本の英語の教科書にある”I’m fine, thank you. And you?”を卒業しちゃいましょう!

 

How are you?の答えはI’m fine.以外にもある。

文法的にちょっと。。。と思うフレーズもあるかもしれません。でも、実際にネイティブの人たちが使っているフレーズなので、とりあえず深くは考えずに使ってみましょう!!

I’m good. = 調子いいよ。

I’m well. = 調子いいよ。

I’m doing well. = 順調だよ。

すごく気分がいいときなどは下のフレーズを!

I’m great! = 元気だよ!

I’m excellent. =最高だよ!

I’m awesome. =絶好調!

 

これはよく聞くフレーズですが、なじみがないかもしれません。

I’m pretty good. = まあまあいいよ。/結構いいよ。
(言い方ですごく良い方なのかそこそこなのかが多少変わってきます)

 

特に可もなく不可もなく、まあまあな感じのときは次のフレーズで。

I’m ok. = 良くも悪くもないよ。

I’m alright. = 良くも悪くもないよ。

Not bad. = 悪くないよ。

 

病み上がりだったり、調子が悪かった後とかによく使います

I’m better. = いいよ。

その他にも

I’m sleepy. = 眠いよ。

I’m tired. = 疲れた〜。

などなど。

 

I’mは省略することも可能!

友達同士だったり、チャットだったりするとI’mを省略してしまうことが多々あります。

A: “How are you?”

B: “Fine, thanks. You?”

のような感じですね。

“Fine”の部分が

Good. だったり、OKだったり、Greatだったり、Pretty goodだったりと色々変更できちゃうんです。

私も外国人と携帯でチャットしてるときはこんな感じです。

いっぱい文字をうつのは面倒ですからね。

もちろん、仲の良い友達と会ったときなんかの挨拶もこんな感じです。

 

“I feel”や”I’m feeling ○○○.という言い方も使える!

I feel good. だったり、I feel great!

I’m feeling OK. だったり、I’m feeling better.

“I’m”の部分を”I feel”や”I’m feeling”に置き換えてしまえば良いんです。

簡単でしょ!

 

“Because”をつけて会話を広げてみよう!

How are you?は挨拶ですって言いましたね。会話のきっかけをつくるフレーズでもあるのです。なので”元気ですか?”って聞いてるよりも、”調子/状態はどう?”って聞いてる感じです。

友達に話してるときなどは

“I’m feeling sleepy. Because I couldn’t sleep well last night.”
(眠い。。昨夜あまり寝れなかったから。。。)

のように”Because”をつけて現状を詳しく話したりすることもよくあります。この”Because”をつけるだけで会話がひろがりますよね。

あるいは”I’m feeling sleepy.”と言った友達に”What happened?(どうしたの?)“や”Why?”と聞くことで会話を広げることもできますね。

日本語でも会話を広げたいときには同じですよね?もちろん、相手との距離感も大事なので誰にでもと言う訳にはいかないかもしれませんが。。。

是非試してみてください!!

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください