英語のイディオム:catch at a bad timeの意味と使い方

catch at a bad timeのパンダの絵今日のフレーズ

「catch at a bad time」という英語のイディオム、日常会話でもよく使われている表現のひとつです。直訳すると「悪い時間に捕まえる」となりますが、どのように使われているのでしょう。「悪い時間に捕まえる」から、何となく分かるような気がしますよね。

そこで今回は、英語のイディオム「catch at a bad time」の意味と使い方を詳しくみていきす。

スポンサーリンク

catch at a bad timeの意味

英語のイディオム「catch at a bad time」は「邪魔をする」や「間の悪い時間帯に訪れる」といった意味です。「相手の都合が悪い時や忙しい時間帯に、何かをする目的で訪問する」といったニュアンスです。「邪魔をする」や「間が悪い」といった感じで使われています。

catch at a bad timeの使い方

catch at a bad timeの使い方

ここでは、英語のイディオム「catch at a bad time」の使い方を詳しくみていきましょう。「catch」の後には「相手」が入ります。

電話をかけた時に使う「catch at a bad time」

Hello. It’s Paul. Did I catch you at a bad time? (やあ、ポールだけど。取り込み中だった?)

Not at all. (全然。)

相手を訪ねた時に使う「catch at a bad time」

Hello. Am I catching you at a bad time? (こんにちは。いま取り込み中?)

Not at all. (全然。)


Can I ask you some question? (ちょっと質問していいかな?)

Can you come back later? You caught me at a bad time. (後で来てくれる。取り込み中なんだ。)

今日のフレーズ

catch at a bad timeのフレーズ

英語のイディオム「catch you at a bad time」を使った今日のフレーズは「Don’t catch him at a bad time.」「彼の取り込み中はよせよ。」です。このフレーズは「彼が忙しい時間帯には行くな・電話するな・話しかけるな」といったニュアンスです。「him」の部分を他の人にして練習してみてください。

まとめ

ここまで英語のイディオム「catch at a bad time」の意味と使い方を詳しくみてきました。相手の注意を引いたとき、「取り込み中?」「邪魔かな?」と聞くためによく使われている表現です。しっかり覚えておきましょう。

今日のフレーズ
スポンサーリンク
おすすめの英語の文法書
一億人の英文法

英語を話すことが目的の文法書です。英会話を習得したい方にはかなりおすすめです。ただし英語の基本文法がある程度身に付いている方向けです。

マンガでおさらい中学英語

大人のための英語の文法書です。漫画を使って中学英語がおさらいできます。なんでこうなるの?といった疑問を解決してくれる1冊です。

大岩のいちばんはじめの英文法

基礎の基礎からもう一度英語の文法を見直したい人へおすすめの1冊。英会話の上達を目的とした方にも、英語につまずきかけている学生の方にも、英語の文法の基礎が分かりやすく書かれています。

eigo-labをフォローする
eigo-lab(えいご研)

コメント