英語は難しい?!いいや、英語は慣れ!

英語の勉強法
スポンサーリンク

「英語は難しい」

「英語は苦手」

「英語は嫌い」

このフレーズ、よく聞くフレーズです。

英語を勉強したい、英語を勉強しなければならない、

でも

「英語は難しい」とか

「英語は苦手」とか

「英語は嫌い」とか。

 

うん、その気持ちは分かる。

 

私も高校時代、全く同じことを思ってました。

 

「なんで英語やら勉強せないかんと!日本人やん!!」って(笑)。

 

だって高校時代の英語のクラスはまったくと言っていいほどオモシロクナカッタ!(笑)

 

海外に行って、住んでみて、外国人の友人ができてやっと思えるようになりました。

 

「英語って便利だ!」と。

 

英語がオモシロイとか、タノシイとか、そんなんじゃなくて、

英語を使えればある程度色々な人と意思疎通ができる!!って。「便利じゃん」って。

 

色々な人と英語で意思疎通したりしてるうちに、英語喋るのってタノシイに変わって行きました。

 

こんな私ですが、英語はあくまでも便利なツールとしてとらえてます。

外国人と意思疎通ができて、外国の情勢をしれて、仕事をもらえて。

私にとって英語は生活のツールの一つです。

 

最近では日本国内にいても最近は仕事で英語が必要だったり、色々な場面/場所で外国人と接する機会が増えて英語喋れたらな~と思ってる人、増えてます。

 

で、よく聞かれます。「英語難しいじゃん。どうしたら英語喋れるの?」って。

 

それに対する私の答えは、「英語に慣れるまで英語の練習したから」です。

 

「英語を勉強してみようかな」と思ったなら、勉強しましょ!

英語、喋れるようになっちゃいましょ!

 

英語は難しいです。でも、日本語も難しいです。

ちょっとだけ比べてみましょうか。

使用文字:

英語 → アルファベット

日本語 → ひらがな、カタカナ、漢字

文法:

英語 → 基本文型があり、ほぼその通り

日本語 → 基本文型があるが、変形しまくり

丁寧語:

英語 → シンプル

日本語 → 複雑(尊敬語やら謙譲語やら、色々混ざってます。。。)

これを見る限りでは、日本語の方が断然難しく見えちゃいます。

そうなんです。日本語も難しいんです!

 

私たちが日本語を不自由なく使える理由は、

日本人として日本で生まれ、日本で育って日本語を使っているから!なのです。

英語を話す国で生まれ、その国で育ち、英語を使って生活していれば、英語を話せるんですよね。

 

ってことは、英語に慣れてしまえば英語を話せるってことなんです。

 

勉強と思うよりは、英語に慣れるって思う方が断然良い気がしません?

 

で、ここで問題勃発です。

「英語は難しい」

「英語は苦手」

「英語は嫌い」

この3つの意識です。

 

私たち、いつの間にかこの3つを脳みそに刷り込んじゃってます。

英語を勉強し始めるときにこの3つを刷り込んだ脳みそが拒否反応を起こしちゃうんです。

 

難しい、難しい、難しい、って言ってたらどんなに簡単なことであっても難しく思えて一歩を踏み出すのが億劫になってしまいます。

 

苦手、苦手、苦手、って言ってたら本当はできることでも失敗する率が上がっちゃいます。

 

嫌い、嫌い、嫌い、って言ってたら、そのものごとに近づくだけでも嫌になっちゃいます。

 

これは英語だけではありませんよね?

 

なので、英語の勉強をスタートする前に

少しだけ脳に刷り込みから始めちゃいましょ。

 

「英語は慣れだ!」って。

「英語は喋れるんだ!」って。

 

意識を少しだけ変えてみると、英語を勉強する時のイヤ~な感じが少し薄れているのに気づくはずです。

 

英語も、どのような言語も最初は難しいのです。

なので、難しい!難しい!って思うより、

慣れだ!慣れだ!って思って英語に近寄ってみてください。

で、いっぱい練習してください。

 

英語は難しいと思ってるのはもったいないです。

英語は本当に便利なツールのひとつなんですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました