英語を忘れないため、英語を上手くなるために日本国内で留学気分

英語の勉強法
スポンサーリンク

留学しなくても、海外へ行かなくても、自分の行動次第では日本国内でも英語を話す環境を作ることは可能です。特に、インターネットの普及で世界の人たちとも気軽に繋がることができるようになったのが大きな理由です。

しかしそれ以外にも外国人と交流する機会はたくさんあります。ここではその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

日本国内で外国人と話す環境をつくる!

これは私が実際にやってみたことです。

アメリカから日本に帰ってきたとき考えたことといえば

  • 英語忘れるのではないか
  • 英語を話す環境をつくれないか
  • 外国人と友達になるにはどうすればいいか

主にこの3つ。

特に約5年間をアメリカで過ごした後の日本での生活。

オール日本語という環境の下で“英語を忘れるのではないか”という恐怖が全くなかったわけではありません。

どうにかして英語を喋る環境をつくらなくては!

そう思っていたのも今は昔ですが。。。切実に思っていたのを今でも覚えてます。

そこで行動したこととは

① 外国人が多く出没するバーやクラブに出かける

はい。私もやりました。外国人とお友達になりたくて。週末の夜、町まで出かけてました。ってか、遊びほうけておりました。数ヶ月ほど続けたときに気づきました。

日本のバーでの友達作りはアメリカのバーでの友達作りとはどこか違う。

もちろん、アメリカのバーでもナンパ目的の人なんていっぱいいます。でも何だか違うんですよね〜。日本のバーやクラブで会った外国人はホットンドの人が会話が弾まない人っていうか、マナーがないというか。。。酔っぱらい過ぎ(笑)!

私の地元のほとんどのバーやクラブが実施する飲み放題とやらで、みーんな酔っぱらいすぎてて話にならんという。うん、私の求めていた友達になれそうな人が少なかったですね。酔っぱらいすぎる前に会ってれば話は違ったんでしょうが。(笑)

英語を使ってお喋りはいっぱいできましたし、お友達もそれなりに作れましたがお酒がそれほど得意じゃなく、断念。

もちろん、その後もバーやクラブには遊びにいきましたよ。(笑)

② 留学生とお友達になる

イベントで知り合った留学生と意気投合したり、日本語学校を経営している人と知り合うことがあり、留学生とお友達になる機会に恵まれました。日本語を勉強しにきてる方とランゲージエクスチェンジすれば、お友達にもなれて、語学の勉強もできて一石二鳥!

私の場合はご縁がご縁をつないで、短期の日本語学校でスタッフとして働けました。いろいろな事がありましたが、約6年ほど働き出逢った外国人の数は数百人以上。

留学生のほとんどが帰国してしまいますが、今でもインターネットを使って友人関係を続けている人も多数です。

③ 外国人とアパートをシェアする

部屋が3つあるアパートを借りて、外国人と6年ほどシェアしました。留学生とシェアする事が多かったので、6年で数十人のルームメイトができました。欧米、南米、アジア。本当に世界各国からのルームメイトを持つ事ができ、まるでアメリカに住んでいるような環境で過ごせました。日本にいながらプチ留学ですね。

そのかいあってか、今も英語に携わって仕事をしてます。

今では“英語を忘れるのではないか”という思いもなくなりました。

日本にいながらも行動すれば英語の環境をつくることは可能です。

ここに書いた3つ以外でも私の生活の一部になってしまった”英語を忘れない”方法ってのがありますので、その方法についてはまた次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました