中学1年生で習う英語(英文法・英単語)

中学校の1年生で習う文法をそれぞれのタイトルに分けて詳しく説明しています。中学1年生にとっては学校の授業と並行し、副教材の1つとしてお使いいただけたらと思います。また、中学生レベルの英語文法の習得は英会話力にもかなり直結してきます。英会話をはじめたい方はもちろん、英語を1からやり直したいとい思っていらっしゃる方にも最適です。

それぞれの説明ページの最後に、英語の問題を掲載しています。プリントアウトして、ご自由にお使いください。

中学1年生で覚えておきたい英単語リストも、プリントアウトできるリストをリンクしています。

何かわからないことや、もう少し説明が欲しいといった場合はコメント欄に書いていただくか、お問い合わせページからご連絡くださいね。

中1英語

中学一年で覚えておきたい英単語一覧

中学校1年生で、絶対覚えておきたい英単語を一覧にしました。それぞれ名詞、代名詞、動詞、形容詞、副詞、冠詞、前置詞、接続詞、疑問詞、熟語とカテゴリー別にしております。それぞれの意味はもちろん、使い方もしっかりマスターしておきましょう。
中1英語

一般動詞とはなんだ?

一般動詞とは「be動詞」以外の動詞のことで、主に動作や状態をあらわす語。「go:行く」「watch:見る」「read:読む」「write:書く」「live:住む」など色々な動詞がありますよ。今回は、そんな一般動詞について詳しくみていきたいと思います。
中1英語

Be動詞と一般動詞の違い

Be動詞と一般動詞と聞くと、なんだか難しい話が始まりそうな気がしてしまいますよね。そこで今回は、「Be動詞」と「一般動詞」の違いはもちろん、覚える方法や見分け方を詳しく解説していきますね。
中1英語

Be動詞の意味と使い方

Be動詞とは日本語で言うところの「です」に当てはまります。Be動詞には次の「am」・「are」・「is」・「was」・「were」と5つありますよ。ここでは、Be動詞がどのように使われているのか次の例文を使って詳しくみていきます。。
タイトルとURLをコピーしました